【大宮】イバは伸び悩むチームの“救世主”となれるか――。加入後3週間で早くも見せる大黒柱の風格

【大宮】イバは伸び悩むチームの“救世主”となれるか――。加入後3週間で早くも見せる大黒柱の風格

イバは17節・岡山戦で移籍後初ゴール。出場3試合目でその存在を確固たるものにした。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)



[J2リーグ19節]大宮1-1山形/9月13日(日)/NACK5スタジアム大宮

 J1昇格候補の大宮アルディージャが伸び悩んでいる――。

 第19節のモンテディオ山形戦を終え、7勝4分7敗の13位。新型コロナウイルスの感染者が出たため、第9節のアビスパ福岡戦は延期となって1試合少ないが、首位のギラヴァンツ北九州とは勝点16差、2位のV・ファーレン長崎とは勝点13差と自動昇格圏が遠い。

 足踏みする理由のひとつは得点力不足で、16得点はリーグ3番目に少ない数字。また今季は、2得点以上の試合がわずか3試合ともどかしい状況だ。しかし、リーグ日程は半分以上も残っており、追撃のチャンスはまだまだある。

 そこで“救世主”として期待されるのは、今夏に新加入したFWイバだ。

 J1の横浜FCから完全移籍してきたイバは、昨季までのJ2の4年間で計78ゴールを量産。2017年にはJ2得点王にも輝いている。ただJ1昇格を果たした今季は、リーグ戦の出場はわずか1試合にとどまり、「試合に出る、サッカーをすることがとても好きなので大宮に来ると決め、大宮でサッカーをしていきたいと思った」と活躍の場を求めて門を叩いた。
 
 190センチ・88キロの圧倒的フィジカルを持ち、Jリーグと日本人を熟知する助っ人は、「試合に勝つことができるプレーがしたい」と所信表明。「(大宮は)J1にいるべきチーム。勝点3をどんどん積み上げて、私たちのいるべきところ、J1に戻れたら」と決意を語る。チームには8月26日に合流し、29日の長崎戦で69分からピッチに立って大宮デビューを飾った。

 出場3試合目の第17節・ファジアーノ岡山戦では移籍後初ゴール。技ありの鮮烈なシュートで、その存在を確固たるものにした。

 先発すると積極姿勢を前面に打ち出し、攻撃陣とともにどんどん仕掛けていく。報われたのは21分。イッペイ・シノヅカの右からのパスを、ゴールに対して後ろ向きで受け、素早く身体を回転させて豪快にネットを揺すった。結果的に勝ちには結び付かず引き分けたが、早くもチームの大黒柱としての風格を見せた。
 
 かつて、“アジアの大砲”と呼ばれた元日本代表FWの高木琢也監督は、「チームを牽引してくれている。タメと起点と決定力を備えている選手はなかなかいない」とうなる。“3拍子”が揃ったストライカーが入ったことで、ボランチの小野雅史は「イバ選手は(ボールが)収まるのでみんなの目線、見る方向がまず前って意識になる。そこは今のチームにはないところですごく良かった」と“イバ効果”を実感している様子だ。

 3度目のスタメンを飾ったモンテディオ山形戦は、小島幹敏の先制ゴールに絡んだ。5分、小野のパスをペナルティエリア付近でイバがしっかりと収めると、下げたボールを三門雄大が右サイドの渡部大輔に展開。左サイドの河面旺成へクロスが上がって蹴り込み、最後はゴール右に詰めていた小島が決めた。さらに50分には、河面からパスをもらい、ターンしての右足シュートは迫力十分の代物だった。
 
 イバがオレンジのユニホームに袖を通して約3週間が経った。今は本領発揮の途上。新しい仲間と連係を深め、明るい未来のキーマンに――。“いるべきところ”に戻るためには、背番号19の力が必要だ。

取材・文●松澤明美(フリーライター)

【動画】イバがゴール前で存在感!大宮対山形のハイライト!

関連記事(外部サイト)