「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

フェルナンド・トーレス氏が日本での生活やJリーグでのプレーについて回想

記事まとめ

  • サガン鳥栖で現役を引退したフェルナンド・トーレス氏がキャリアを振り返っている
  • トップレベルではないJリーグに戸惑ったため、1年しか日本に滞在しなかったという
  • 日本での生活については、「信じられないほど豊かな個人的な経験」と回想している

「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

昨年8月に鳥栖で現役を引退したF・トーレス。(C)SOCCER DIGEST



 昨年8月にサガン鳥栖で現役を引退したフェルナンド・トーレスのドキュメンタリー「Fernando Torres:The Last Symbol」が、「Amazonプライム」で9月18日より配信される。

 これまでのキャリアを振り返るこの作品の公開に先立ち、スペイン紙『As』は、その内容の一部を伝えている。

 カンテラ(下部組織)から在籍し、最も長いキャリアを送ったアトレティコ・マドリー時代や、全盛期だったリバプール時代、そしてもちろん、現役生活の最後を送った日本での時間についても振り返っている。

「わたしたち家族は何か違うものを探していた」と、異国の地にやってきたF・トーレスは、「プライバシーと人々のリスペクトのおかげで、信じられないほど豊かな個人的な経験になった」と日本での生活を回想した。

「ショッピングセンターに行ったり、通りを歩いたり、自転車に静かに乗ったりできた。ここ(スペイン)ではできない」

 そして、Jリーグでのプレーについては、「トップレベルではない相手に、どのようにプレーしていいかわからなかった」「そうしたサッカーをする準備ができていなかった」と吐露。「だから1年しか滞在しなかった」と続けている。

 現在36歳の元スペイン代表FWは、「わたしが(日本で)していたのは、サッカーというより、立ち向かうことだった」としつつも、最後にこう話している。

「それでも、素晴らしい1年だった」

 わずか1年ではあったが、F・トーレスが見せたプロフェッショナルな姿を、日本のファンは忘れないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)