「妻として見られたくない」ピケに一目惚れした“世界的歌姫”シャキーラとは――【“WAGs”pedia】

「妻として見られたくない」ピケに一目惚れした“世界的歌姫”シャキーラとは――【“WAGs”pedia】

ピケ(左)と“事実婚”状態を続けるシャキーラ(右)。2人の子供を授かり、家族4人でバルセロナで生活する。(C) Getty Images



 フットボーラーの気になるパートナーの素性を紹介するのが『ワールドサッカーダイジェスト』誌で好評連載中の「“WAGs”pedia」だ。第16回目はピケのパートナーであるシャキーラを紹介。W杯公式ソングを歌うなど「コロンビアの歌姫」と謳われる世界的スターだ。

【プロフィール】
●シャキーラ SHAKIRA
●生年月日:1977年2月2日(43歳)
●職業:歌手、女優、声優など
●出身地:コロンビア
●身長:157cm
【幼少時代】
 コロンビア北部の港町バランキージャで1977年に誕生し、中流階級の家庭で育つ。しかし、7歳の時には宝石商の父が破産し、一家の所有物の多くが売却された。

 この現実に大きく落ち込んだシャキーラだが、両親に連れて行かれた公園で、ストリートチルドレンたちの姿を見て、ハッとしたという。

「あの子たちはゴミを漁り、何でも食べようとしていた……。自分がどれだけ恵まれているかを実感できた。大きくなったら有名な歌手になって、貧しい子供たちを手助けしようと心に決めたわ」と回想している。

 その思いを胸に大好きな音楽とダンスに励み、8歳にして作曲を始めた。ビブラートが強すぎるため学校の合唱団に馴染めず、音楽の教師や友人には「ヤギみたいな声」とからかわれるなど幾多の壁を乗り越え、88年にはアーティスト発掘のコンテスト番組に参加。3年連続で優勝し、地元では有名な少女となった。
 
【職業】
 13歳で有名レーベル『ソニー・ミュージック』と契約。91年6月にデビューアルバム『マギア』をリリースしたが、1000枚ほどしか売れなかった。次作もヒットせず、高校を卒業するまで音楽活動を一時休止した。

 復帰後の95年10月には、3枚目のアルバム『ピエス・デスカルソス』を発売。これがアメリカ『ビルボード』のラテン・ポップ・アルバム部門で年間チャート9位に入り、国内外で名を馳せた。その後もヒット曲を連発して『グラミー賞』をはじめとする数々の音楽賞に輝き、世界的な人気シンガーソングライターとなった。

 14年7月には自身のフェイスブックでの「いいね」が累計1億件を突破。史上最多数としてギネス世界記録にも認定された。今年2月にはスーパーボウル(NFLの優勝決定戦)のハーフタイムショーに登場するなど、43歳になった現在もワールドワイドなアーティストに君臨する。

 また、歌手業と平行しながら女優業やディズニー映画『ズートピア』の声優、歌番組の審査員を務めるなど幅広く活躍。今後の夢については、「静かな農場で生活してみたい。自然に囲まれて飽きることはないわ」と語る。

【サッカー】
 W杯の閉会式では、06年から3大会連続で自身の曲を披露した。10歳年下のピケとは、10年W杯の公式ソング『ワカワカ』(各国チャートで1位を獲得した代表曲のひとつ)のミュージックビデオ撮影時に出会う。

 シャキーラは素性を知らなかったスペイン代表DFに一目惚れしたそうで、「雷が落ちたのかと思った。人生が変わった瞬間だったわ」と振り返る。その場で連絡先を交換し、大会中にはピケから「君が閉会式で歌うから、絶対にファイナルまで勝ち進むよ。決勝が終わったらまた会おう」とメッセージが届く。

 すると見事にスペイン代表が優勝し、2人は約束通りディナーへ。11年3月には自身のSNSでツーショット写真を公開。交際が公になった。

【家族】
 2人は誕生日が一緒(2月2日)なうえ、シャキーラの母方がピケと同じカタルーニャ出身と運命の糸にも導かれ、交際は順調に進む。シャキーラは13年1月に長男のミラン君、15年1月に次男のサーシャ君を出産した。

 ピケとは以降もいわゆる“事実婚”状態を続けており、結婚については「正直に言えば、怖いの。彼に妻として見られたくないわ」とあまり乗り気ではない模様。現在は家族4人で、バルセロナで生活する。
 
 【慈善活動】
 幼少期の決意は揺るがず、20歳でコロンビアに慈善団体を設立。学校の建設費を負担するなど、母国で熱心なチャリティー活動を続けた。

 その功績が認められ、03年10月には『ユニセフ』の親善大使に指名される。06年4月には国際連合の式典で表彰され、スピーチでは「私たちが帰宅して1日が終わる頃には、中南米で960人の子供が死んでしまう。みなさん、その現実を忘れないでください」と呼びかけた。
 
 ※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年8月20日号より転載

【PHOTO】ピケのパートナー、“コロンビアの歌姫”シャキーラの厳選フォトをお届け!

関連記事(外部サイト)