「全くもって退屈…」「たまらないデザイン!」英ファッション誌がプレミア全20チームのユニホームを独自査定!

「全くもって退屈…」「たまらないデザイン!」英ファッション誌がプレミア全20チームのユニホームを独自査定!

様々なカラーリングとデザインが取り入れられているプレミア各クラブのユニホームを英ファッション誌が査定した。 (C) Getty Images



 現地時間9月12日に開催されたフルアムとアーセナルの一戦で、激闘の火蓋が切って落とされたのが、2020-21シーズンのプレミアリーグだ。毎シーズン活況を呈し、サッカーファンの注目を集める世界最高峰のリーグは、もちろん新シーズンも様々な話題を提供してくれることだろう。

 そんななか、興味深いランキングが発表された。アメリカの男性ファッション雑誌『GQ』のイギリス版が、プレミアリーグ全20チームのホームユニホームを独自の寸評を交えて査定したのだ。

 昨今の風潮である往年の人気ユニホームをリメイクしたデザインや、タウン仕様も可能なオシャレな柄まで、様々なユニホームを同誌は以下のようにランク付けした。

20位:バーンリー
19位:アストン・ビラ
18位:トッテナム
17位:ニューカッスル
16位:マンチェスター・シティ
15位:フルアム
14位:リーズ
13位:シェフィールド・ユナイテッド
12位:チェルシー
11位:ウェストブロム
10位:マンチェスター・ユナイテッド
9位:レスター
8位:エバートン
7位:ウォルバーハンプトン
6位:ウェストハム
5位:ブライトン
4位:アーセナル
3位:サウサンプトン
2位:クリスタル・パレス
1位:リバプール
 
「まったくもって退屈なチームのまったくもって退屈な出来事。つまらなかった昨季のカーボンコピーのよう」(バーンリー評)、「良くも悪くもつまらない」(ニューカッスル評)など、やはりインパクトの薄いデザインのユニホームが下位に甘んじた印象だ。

 一方、ここでも1位に輝いたのが、“王者”リバプールだ。ナイキとのスポンサー契約を結んで最初のホームキットを、「鴨の羽色と白の襟、落ち着いたゴールドのロゴ、真紅の色合いまで全てが最大限に活かされている」と『GQ』は絶賛。さらに「一部がリサイクルされたペットボトルから作られており、地球にもやさしいのが魅力。クロップのチームと同様にこのユニホームはたまらない」と称された。

 続いたのがクリスタル・パレスだ。例年通りの青と赤を基調としてデザインながら、スタイリッシュな出来栄えには、次のように驚きを交えた寸評が添えられた。

「このユニホームのデザインプロセスがワードクラウドとして始まったと想像したい。そのミーティングを統率したのは、おそらくロイ・ホジソン監督だろう。まさに天才的な男だ」

 もちろん好き嫌いがあるため、賛否両論あるだろう。ただ、お気に入りのユニホームを発見するうえでの一つの指標にはなるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)