FC東京が粘る仙台を撃破。背番号7が古巣対決で魅せる

FC東京が粘る仙台を撃破。背番号7が古巣対決で魅せる

見事な先制ゴールを決めた三田(写真中央)。写真:滝川敏之



[J1リーグ17節]FC東京1−0仙台/9月20日/味の素スタジアム

 アンカーに品田を置く4−3−3システムでスタートさせたFC東京は立ち上がりから精力的に攻める。5分にレアンドロのFKから直接ゴールを狙えば、8分には左サイドバックの小川が果敢なオーバーラップからチャンスを作りかけた。

 どうにかボールをつなごうとする仙台に前線からプレッシャーをかけたFC東京が攻守両面で主導権を握ると、13分に三田の躍動感溢れるドリブルからのシュートで待望の先制点を挙げた。背番号7の三田にとっては古巣対決。絶対に負けられない一戦で、良い仕事をした。

 21分にアダイウトンがポスト直撃のシュートを放ち、その2分後には三田が鋭いCKでゴールを狙うなど、FC東京はアグレッシブな姿勢を崩さなかった。

 一方、3−4−3に近いシステムで臨んだ仙台は細かいミスが目立ち、攻めの形を見出せずにいた。セカンドボールもことごとくFC東京に拾われる印象で、30分にはレアンドロとアダイウトンのコンビネーションに翻ろうされる形でピンチを迎えそうになった。

 36分に関口のミドルがポストに弾かれた仙台は、その一撃をきっかけにやや盛り返すが、FC東京の守備を崩すには至らない。結局、前半のうちに追いつくことはできなかった。

 
 後半に入ると、FC東京が再びペースを掴む。三田の気の利いたパスワークを軸にアダイウトン、田川、レアンドロが個人技で仙台のゴールに迫る。58分にはカウンターからアダイウトンがドリブルでエリア付近まで攻め込んだシーンはゴールこそならなかったが、FC東京の勢いを物語る場面でもあった。

 65分に兵藤を投入した仙台はここから反撃に出ようとする。ボランチの兵藤が味方に声をかけて敵陣に入るシーンが増えた。

 しかし、FC東京も主導権を渡さない。森重、内田らの粘り強い守備で対抗し、カウンターからチャンスを窺ったのだ。84分にはレアンドロのシュートがGKに弾かれたあと、原が詰めるなど迫力ある攻撃を展開。どうにか追加点を奪おうとした。

 最終盤は両者のパワーがぶつかる好勝負に。印象的だったのは、FC東京のD・オリヴェイラが前線から最終ラインに戻ってこなした守備で、チームプレーを象徴するものでもあった。

 試合は1−0で終了。FC東京がホームで完封勝利を収めて3位をキープした。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

関連記事(外部サイト)