「もう辞めたい」再び大怪我を負ったイタリア代表の超逸材が涙の訴え!“美人母”が明かす

「もう辞めたい」再び大怪我を負ったイタリア代表の超逸材が涙の訴え!“美人母”が明かす

今月7日のオランダ戦で負傷したザニオーロ。(C)Getty Images



 弱冠21歳で、1年のうちに2度も膝の前十字靭帯(ACL)断裂という重傷を負えば、精神的なショックは計り知れないだろう。

 ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロは、今月7日の代表戦で左膝のACLを断裂した。1月に右ひざのACL断裂で長期離脱を余儀なくされ、夏にようやく復帰した矢先の2度目の悲劇だ。9月17日にオーストリアのインスブルックで手術を受け、これから再び長い闘いに臨むこととなる。

 イタリア紙『Corriere dello Sport』によると、ザニオーロの母親フランチェスカさんは、イタリア『Rai』のインタビューで「(診断後に)息子は父親に『またACLだ。今度は辞める』とメールを送ったの」と明かした。

「息子は打ちひしがれていた。2度目のことだし、信じられなかったのよ。応援しているクラブにかかわらず、多くのサポーターがエールを送ってくれたのは、とてもうれしかった」
 
“美人母”として知られるフランチェスカさんは「手術を受けて麻酔から目覚めたとき、息子は泣きながら気持ちを口にしたの。1時間半から2時間くらい一緒にいたけど、ずっと泣いていたわ」と続けている。

「息子は『安心して。前より強くなって戻る。僕のことは分かってるでしょ。全力を尽くす。もうがっかりさせたりしないからね』と言ったわ。わたしたちをがっかりさせたと思っていたのよ! 今の彼はとてもやる気よ。何も変わっていないと示すためにピッチに戻りたいと望んでいる」

 ただ、焦りは禁物だ。「息子はだれよりも待つ必要があることを分かっている。急ぎたくないとね」と母は語っている。

「前回はすぐに戻れると言っていたの。今は慎重にならなきゃいけないと分かっているわ」

 この超逸材がピッチで雄姿を見せる日を、ローマ、そしてイタリアのサポーターのみならず、多くのサッカーファンが待っている。あくまでも、決して焦らずに――。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【画像】40代には見えない?「美人」と話題のザニオーロの母フランチェスカさん

関連記事(外部サイト)