【セルジオ越後】柴崎や堂安は大丈夫? 南野、久保ってホントに凄いの?日本代表は欧州遠征で健在を示せ

【セルジオ越後】柴崎や堂安は大丈夫? 南野、久保ってホントに凄いの?日本代表は欧州遠征で健在を示せ

10月に欧州遠征に臨む日本代表。久々の対外試合でいかなるパフォーマンスを見せてくれるだろうか。写真:サッカーダイジェスト



 日本代表が10月に欧州遠征を行なうことになった。オランダで同9日にカメルーンと、同13日にコートジボワールと対戦するという。今年は、年内に予定されていたワールドカップ予選がすべて延期となって、代表戦の開催が危ぶまれていただけに、サッカー界にとっては大きなニュースになりそうだ。

 もし1年に1度も代表の試合がないなんてことになったら、僕が日本に来てからおそらく初めてのことだよ。普段サッカーを観ない人でも代表は観るという人も多い。サッカーに興味を持ってもらう意味でも、代表戦を行なう意義はすごく大きいよ。もちろん、日本協会にとってはスポンサーとの関係もあるし、興行的な意味でも代表戦を開催できるのは良いことだ。

 ただ、どうせなら勝つことでニュースとしての価値を上げてもらいたいものだよ。負けてこんな状況だからと言い訳するのはカッコ悪いし、新型コロナで暗い話題が多い時だからこそ、勝って明るいニュースを提供してほしいね。

【画像】最後に欧州組が招集されたアジア2次予選キルギス戦メンバー

 とはいえ、いまだウイルス感染の影響が残るなかで、今回はどうやら欧州組だけの招集になるのが濃厚なようだ。国内でも三笘や坂元といったイキの良い選手たちがいるだけに残念だけど、そうなると欧州組オンリーでどのようなメンバー構成になるのか。

 久保や南野も新天地に移って、いまだ定位置を獲得しきれていないし、中島は練習に戻ったという情報は入っているけど、試合には出られるのか……。堂安はドイツの昇格チームに移籍してここから這い上がれるのかという状況だし、これまで勢い盛んに見られていた2列目のアタッカー陣はどうも不安定だ。鎌田や伊東、三好といった選手たちにとっては、今回は代表で存在感を示す、あるいはスターダムにのし上がる絶好のチャンスと言える。もちろん、欧州組が結果を残せなければ、国内組にとっても付け入る隙が生まれるよ。

 久しぶりに行なわれる今回の代表戦で、誰が日本代表の顔となるような活躍を見せるのか、来年のワールドカップ予選を占う意味でも楽しみだね。
 

 ただ一方で、やはり現実を見ればいまだにコロナが蔓延しているなかで、スポーツに興味・関心が向かないという風潮があるのも事実だろう。ようやく国内イベントも観客を増員する施策に踏み切ったけど、まだまだ日常の風景には程遠いからね。

 前述したように、そんな中だからこそ今回の代表戦は貴重なんだ。日本代表の欧州組の状況は必ずしも良くはない。日本のメディアは取り繕って久保や南野を持ち上げる記事ばかり流すけど、まだレギュラーにすらなれていないし、同じアジアの選手でも先日1試合4点を取ったソン・フンミンを見れば、まだまだ大きな開きがある。ビッグリーグの中心選手になって目立つ選手がいるか、いないかは自国の選手にも大きな影響を与えるし、最近韓国と対戦して勝てていないのも分かる気がするよ。

 とにかく今回の欧州遠征は、忘れられつつあった代表チーム、代表選手たちが健在を示す場であってほしいね。最近、名前を聞かない柴崎や堂安はまだ活躍できるのか? 中島はどうなってる? そんな不安を解消してほしいし、南野や久保らにはさすがにメディアが取り上げるだけの選手たちだという価値を示してほしい。多くの人々に日本サッカーに関心を持ってもらうためにも、重要な試合になるよ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)