【日本代表|戦力分析 アタッカー編】中島不在の2列目は激戦区に! 大迫依存の1トップには南野の起用も!?

【日本代表|戦力分析 アタッカー編】中島不在の2列目は激戦区に! 大迫依存の1トップには南野の起用も!?

アタッカー陣は多彩な顔触れが揃う。大迫不在のコートジボワール戦ではいかなる布陣に? 写真:サッカーダイジェスト



 約1年ぶりの日本代表戦となるカメルーン戦がいよいよ今日9日、ユトレヒトで行なわれる。森保一監督は前日会見で「我々も1年間活動できていないので、これまでやってきた基本的なことを思い出しながら戦術共有し、お互いのよさを最大限引き出していきたい」と意欲を示した。13日のコートジボワール戦を含む2戦では、少しでも多くの戦力を起用したい意向だが、手堅い指揮官のこと。少なくとも初戦は2019年9〜11月に行なわれた2022年カタール・ワールドカップ(W杯)2次予選4試合をベースにスタメンを考えていくに違いない。

【画像】森保ジャパン欧州遠征メンバーの序列は?

 そこで、注目されるのが2列目の陣容だ。森保体制発足後、左サイドの第一人者は中島翔哉(ポルト)で、原口元気(ハノーファー)と鎬を削る状態だった。その中島が選外となり、今回は原口の先発が確実視される。2019年11月のキルギス戦(ビシュケク)でも彼はスタートからピッチに立ち、重要な先制点をFKで叩き込んでいる。
「アタッカーとしての能力はこの半年ですごく伸びた。特にオフ・ザ・ボールの部分。ポジショニングの改善で得点数やアシスト数が急激に増えてきたので、それを久しぶりの日本代表でも表現できたらいい」と本人も前向きに語っていた。タテへの推進力だけでなく、周りを使って自分も生きるような柔軟性を示せれば、左で頭抜けた存在になれるかもしれない。野心家の原口はその領域を目指しているはずだ。

 右サイドの堂安律(ビーレフェルト)、トップ下の南野拓実(リバプール)はこれまで通り、カメルーン戦で先発起用されるだろう。ただ、今回は2列目要員だけで7人もいる。右のスピードスター・伊東純也(ヘンク)、左の東京五輪世代・三好康児(アントワープ)、トップ下の技巧派・鎌田大地(フランクフルト)もクラブでの実績は十分だ。加えて、19歳の久保建英(ビジャレアル)は全ポジションを臨機応変にこなせる万能型。原口や堂安も久保の存在には特に戦々恐々としているかもしれない。

「若いとか上とか関係なく競争があるのは当たり前。この1年間、代表は評価基準がなかったので、新しいリスタート。ポジションを奪いに行く気持ちは強く持っている」と最年長の原口は語気を強める。そうやってバチバチとした競争が繰り広げられれば、チームは確実に活性化されるはずだ。

 こうした結果、中島・南野・堂安の「新ビッグ3」で固定されがちだった2列目に新たなバリエーションがもたらされれば、チームにとっても大きなプラスと言える。例えば3-4-3の布陣で行く場合には、槍のように推進力を発揮できる伊東・原口の組み合わせの方がいいだろうし、リスタートがカギとなる試合だったら高精度FKを持つ久保を使うのがベターだ。

 そのように対戦相手に応じて多様な組み合わせを作れれば、2021年3月再開予定のワールドカップ予選も安心して戦える。Jリーグでは川崎フロンターレが示している通り、「誰を出してもチーム力が落ちない状態」の構築を目指して、森保監督には積極的なチャレンジをしてほしい。
 

 1トップに関しては、絶対的エースの大迫勇也(ブレーメン)が新型コロナウイルスによる5日間の隔離義務が生じるため、カメルーン戦後に離脱することになった。このため、この試合の先発は確実。彼が最前線でタメを作り、攻撃にリズムを与えるというこれまで通りの役割をこなし、ゴールも奪ってくれれば理想的だ。とはいえ、今季ブレーメンでの大迫は出場時間が限定的で、FWとしての信頼を勝ち取れていないところがある。彼自身は「まだ3試合なんで、これからですし、コンディションを上げれば自然と結果はついてくる」と努めてポジティブに語っていたが、絶好調だった2019年秋時点のパフォーマンスを発揮できるとも限らない。

 そこでクローズアップされるのが鈴木武蔵(ベールスホット)。この8月にベルギー移籍に踏み切ったばかりだが、すでに2得点を奪っていて調子は悪くない。大迫のように屈強なDFを背負いながらボールを収める高度なスキルはないが、フィジカルの強さとスピードは世界基準を満たしている。むしろアフリカ勢と対峙した場合には、彼のようなタイプの方が良さを発揮する可能性もある。南野とはU-17代表時代からともにプレーしていてお互いを理解し合っているのも強み。鈴木が入った攻撃陣もぜひ見てみたい。

 もうひとつ、南野が1トップに上がり、鎌田がトップ下に入るというプランも考えられる。これは昨年10月のタジキスタン戦(ドゥシャンベ)後半から彼らが自主的に並びを変えて奏功した形。鎌田も「1トップだけは難しい」と最前線でのプレーに窮屈さを感じているだけに、やはり南野が頂点に入った方がスムーズに回るだろう。リバプールでもフィルミーノと交代するケースのある彼なら、そのポジションでも十分戦えるはず。そのオプションにもどこかでトライすべきではないか。

 いずれにしても、今回2連戦は攻撃陣の序列を改めて明確にできる千載一遇の機会。森保監督の起用と個々のパフォーマンスをしっかりと見極めたいものだ。

取材・文●元川悦子(フリーライター)

関連記事(外部サイト)