「両チームに目を付けられた」シティも次期監督にポチェティーノを狙う? マンチェスター勢の争奪戦が勃発か

「両チームに目を付けられた」シティも次期監督にポチェティーノを狙う? マンチェスター勢の争奪戦が勃発か

ユナイテッドのスールシャール(左)とシティのグアルディオラ(右)。ポチェティーノ(中央)はどちらかの後任になるのか?(C)Getty Images



 話題となっているのが、マンチェスター・ユナイテッドの監督人事だ。ここまで3試合で1勝2敗、しかもトッテナムには6ゴールを奪われた大敗したことで、上層部からスールシャール監督の手腕を疑問視する声が噴出。前トッテナム指揮官で、現在はフリーのマウリシオ・ポチェティーノとすでに接触しているとも報じられている。

 だが、48歳のアルゼンチン指揮官に目を付けているのはユナイテッドだけではないという。10月11日付けで英紙『The Mirror』が報じたところによれば、最大のライバルであるマンチェスター・シティが「ポチェティーノに熱い視線を注いでいる」という。
 
「ユナイテッドが今もっとも望んでいる男がポチェティーノだ。だが、彼らはシティがペップ・グアルディオラの後任候補として彼をリストアップしていることも知っている。両チームに目を付けられた。どちらのクラブであっても、ポチェティーノが熱望するビッグチャンスたり得るだろう。だが、より危機感を持っているのはユナイテッドだ」

 シティのほうは、2021年6月で契約が切れるジョゼップ・グアルディオラ監督と契約を延長するのか、現時点では明らかになっていない。さらにはペップが今夏のクラブの補強結果に「不満を覚えている」としており、契約延長の可能性は未知数と報じている。

 スールシャールが早期解任となれば当然、ユナイテッドののほうが先にチャンスが回ってくることになるが、現場が恋しくなっているとも囁かれているポチェティーノは、どんな選択をするのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)