「継承のサインだ」仏代表FWエムバペが、憧れの“アイドル”との競演を報告! マドリディスタからは歓喜の声!?

「継承のサインだ」仏代表FWエムバペが、憧れの“アイドル”との競演を報告! マドリディスタからは歓喜の声!?

フランス代表としてポルトガル戦に出場したエムバペ。(C)Getty Images



 現地時間10月11日、UEFAネーションズ・リーグ2020-21のリーグA、グループ3の第3節で前回王者のポルトガルとフランスが対戦し、スコアレスドローに終わった。お互いに見せ場を作りながらも、手堅い試合で90分間を終えた。

 この試合に先発したフランス代表FWのキリアン・エムバペは、試合後に自身のインスタグラムを更新。ある人物との写真を公開している。

 コメントで「僕のアイドル」と添えてある2枚の写真は、ポルトガル代表として出場していたクリスチアーノ・ロナウドとのツーショットだ。試合後に満面の笑顔でC・ロナウドを見るエムバペの姿と、健闘を称え合って肩を組んだふたりの姿が映し出されている。

 35歳のC・ロナウドと21歳のエムバペは年齢こそ離れているが、フィールド上では対等に渡り合い、充実した時間を過ごしたようだ。C・ロナウドもこの投稿に反応し、ハイタッチができない今、挨拶代わりとなっている拳を合わせる挨拶にちなんでか、「握り拳」の絵文字を残している。
 
 ちなみにこの邂逅には、レアル・マドリーのファンが大喜びしている。元所属のC・ロナウドが、かねてから同クラブへ移籍の噂があるエムバペと親しげにしている様子から、「これはR・マドリーの系譜!」「これで話し合いは解決した」「これは継承のサインだ!」「次はサンティアゴ・ベルナベウでという約束?」「エムバペが彼の後を継いでマドリードに来るということだ」など、喜びの声が2万6000件以上寄せられた。

 フランス代表の俊英とパリ・サンジェルマンとの契約は2022年6月末となっており、一部報道では契約更新を望むクラブ側に対して、エムバペは移籍の意志を伝えたとも言われている。果たして彼は、大勢のマドリディスタが望むように、次なる新天地をスペインに求めるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【写真】うれしそうな満面の笑顔で “アイドル”を見つめるエムバペの姿はこちら!

関連記事(外部サイト)