小林祐希がカタールデビュー戦でFKから初ゴール!「また代表で観たい」「さすがです!」とファンも興奮

小林祐希がカタールデビュー戦でFKから初ゴール!「また代表で観たい」「さすがです!」とファンも興奮

カタールで上々のデビューを飾った小林(写真は去年のもの)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 現地時間13日、日本代表MF小林祐希がカタールデビュー戦で初ゴールを記録。チームの勝利に貢献した。

 ジュビロ磐田から2016年にオランダ1部のヘーレンフェーンへ移籍し、海外初挑戦を果たした小林。その後、ベルギー1部のワースランド・ベベレンを経て、先月にカタール1部のアル・ホールに加入していた。

 迎えた13日のカタールSC戦、背番号66をつけて先発した小林に最大の見せ場がやってきたのは、1-0とリードした状況で訪れた81分だった。ゴール前正面で得たFKでキッカーを任されると、得意の左足を一閃。力強く放たれたボールが壁に当たり、高く跳ね上がると、GKの逆を突いてそのままゴールへ吸い込まれた。

 勝負を決める追加点を奪い、2-0の勝利に貢献した小林は、自身のSNSを更新。「アル・ホールデビュー!チームも勝って点も取ることができて良かった!次も頑張ります!」と力強くコメントした。
 
 これには日本のファンも反応。次のような興奮のメッセージが寄せられている。

「やったやったぁぁ」
「祐希おめでとう」
「デビュー戦でゴールさすがです!!」
「キレイなブルーのユニ!!凄く似合ってる」
「また代表で観たい」
「頑張ってください!!」

 強気なコメントで知られる28歳のレフティは、森保ジャパンの招集経験もあるが、今回のオランダ遠征ではメンバー入りしなかった。好スタートを切った新天地で結果を残せば、再び日の丸を背負う日が来るはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】得意のFKを叩き込む!小林祐希の初出場・初ゴールはこちら

関連記事(外部サイト)