吉田と冨安、CBコンビが見せた安心感はまさに闘莉王&中澤! オランダ遠征の一番の収穫は“欠かせないふたりの存在”

吉田と冨安、CBコンビが見せた安心感はまさに闘莉王&中澤! オランダ遠征の一番の収穫は“欠かせないふたりの存在”

吉田と冨安、ふたりのCBは今回のオランダ遠征で欠かせない存在となった。写真:龍フェルケル



 2010年南アフリカワールドカップで日本がベスト16進出を果たせたのは、直前にアンカーのシステムを取り入れ、守備的に戦うことで失点を防ぎ、勝点を最低でも1点、きっちりと奪うことに徹したからだった。

 ただ、こうした守備戦術に完全シフトすることを岡田武史監督に決断させたのは、守備を整備すれば、ワールドカップでなんとか戦えるという計算が働いたからでもある。その自信のベースになっていたのが、田中マルクス闘莉王と中澤佑二のセンターバックだった。

 このふたり、決してスピードがあるわけではないが、ボックス内に入れられたクロスボールはことごとく跳ね返し、地上戦では身体をぶつけ、相手を自由にさせなかった。ふたりの守備のコンビネーションもよく、その影響を受けて試合を追うごとに全体の守備が洗練されていった。遠藤保仁は、「ある程度クロスを入れられても、中を二人がしっかり締めているから大丈夫。センターバックが強いと守りのリズムが良くなって、攻撃にもいい影響を与える。佑二と闘莉王は、過去最強じゃないかな」と、日本の壁を絶賛していた。
 
 いい守備はいいセンターバックから生まれるものだと改めて感じた。

 今回のカメルーン戦、コートジボワール戦は、攻撃されていても落ち着いて試合を見ることができた。それは、南アフリカ・ワールドカップの時のように守備が機能し、とりわけふたりのセンターバックが安定していたからだ。とくにコートジボワール戦、吉田麻也と冨安 健洋、両センターバックのパフォーマンスは出色の出来だった。

 吉田の凄さを初めて感じたのはロンドン・オリンピックの時だった。オーバーエイジ枠として入り、持ち前のリーダーシップと守備の強さを前面に押し出し、最終ラインと守備の整備に尽力した。その影響力は非常に大きく、吉田に引っ張られたパートナーの鈴木大輔は、試合を追うごとに自信に満ちたプレーをするようになった。チームもブロンズメダルゲームまで進み、大会4位という好成績を残した。その後、アルベルト・ザッケローニ監督、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督、西野朗監督の代表時代は主力になり、吉田はそつなくプレーしていた。

 今回の2試合、吉田からはロンドン・オリンピックの時のような凄みを感じた。
 

 センターバックは、経験のポジションだと言われる。GKと同様で、いろんな選手と対峙することでプレーの引き出しが増えていき、その瞬間で判断し、うまく対応できるようになる。イタリアのファビオ・カンナバーロ、パオロ・マルディーニやスペインのカルレス・プジョルらは、年齢を追うごとに凄みと、うまさを増していった。

 吉田には、そうした世界のセンターバックの成長の軌跡を踏んでいるように見える。

 コートジボワール戦、ペナルティボックス内に入ってきたクロスボールをしっかりとはね返して、つなげると判断した時はボールの勢いを殺して味方に落とした。地上戦ではセンターフォワードのジュマ・サイードにボールが入ると身体を入れてキープさせず、起点を作らせなかった。また、ジェルビーニョがボールを持って仕掛けてきた時も、距離を取るとやられると察知し、間合いを維持して慌てず、冷静に相手の動きを見て粘り強く対応した。これはVVVフェンロ、サウサンプトンでの長年の海外経験と、現在のイタリアのサンプドリアでの新たな経験が活きたからだろう。

 こうしたプレーを実現できたのは、“危機感”からでもあるようだ。吉田は言う。
 
「自分の存在価値を証明しないといけないと、この合宿前に思っていたし、冨安もいいパフォーマンスをしているので、自分も負けないようにしないとという危機感が以前よりも強くなっています。歳(32歳)もいい歳になってきましたし、ひとつパフォーマンスが落ちたらものすごく叩かれるので、今まで以上にそこらへんは意識するようになりました」

 また、長年プレーしたサウサンプトンからサンプドリアに移籍し、コロナ禍の影響で日本代表の活動が停止。考える時間が増えたことも今回の好パフォーマンスに繋がったようだ。

「代表に今まで当たり前に選ばれてやってきたなか、コロナ等の影響でしばらく(日本代表の)活動が止まったことで、改めて日本代表の存在とか、入る意味を考えさせられる時間があった。ここで自分が結果を出したい。日本のサッカーの新しい歴史を築きたいという強いモチベーションを抱くようになった。それで今回、改めて自分がハングリーになれたんじゃないかなと思います」

 アフリカ勢相手の2試合で完封できたのは、試合後、吉田が「アフリカ人に対してここまで堅く守ることができたことは記憶にない」と語ったように、大きな自信になったようだ。森保一監督の信頼も絶大なものになっただろう。
 
 吉田、冨安のふたりには、守備の選手にとって一番重要な安定感と他選手に与える安心感がある。南アフリカ・ワールドカップの時、遠藤らは「最後は佑二と闘莉王がなんとかしてくれる」とそう思ってプレーしていたが、そういった信頼関係を持てるチームは、簡単には崩れない。

 ふたりを見て刺激を受けたのか、植田直通はコートジボワール戦で決勝ゴールを決めた。ベンチにいた板倉滉は何を感じたことだろう。Jリーグでプレーするセンターバックの選手も彼らを越えて代表のポジションを奪うのは容易なことではないと理解しただろう。ふたりと競争し乗り越えていくには、他選手はさらなる奮起が求められる。
 
 守備が整備されれば、カメルーン戦のように引き分けに持ち込むことができ、コートジボワール戦のように最後にワンチャンスを決めて勝つことができる。この結果には、吉田と冨安のふたりのセンターバックが大きく貢献し、欠かせない存在になった。

 それを確認することができたのは、今回の2試合の大きな収穫だろう。

取材・文●佐藤 俊(スポーツライター)

【代表PHOTO】日本1−0コートジボワール|植田が劇的決勝弾!ペペ、ジェルビーニョら強力攻撃陣を抑え、2020年初勝利!
 

関連記事(外部サイト)