名古屋が3試合連続のクリーンシートで今季2度目の3連勝!札幌は決め手に欠き12敗目…

名古屋が3試合連続のクリーンシートで今季2度目の3連勝!札幌は決め手に欠き12敗目…

FKから見事な追加点を奪ったマテウス。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)



 J1リーグは10月14日、各地で22節の9試合を開催。パロマ瑞穂スタジアムでは、名古屋グランパス対北海道コンサドーレ札幌の一戦が行なわれた。

 2戦負けなしのチーム同士の対戦となったこのカード。試合は序盤から動く。10分、前田直輝が自ら放ったシュートのこぼれを回収し、再びシュート。これをGKがはじくと、ゴール前で反応した山崎凌吾が右足で押し込んだ。名古屋が先制に成功する。山崎は移籍後初ゴールとなった。

 これで勢いに乗ったホームチームはさらに16分。マテウスがハーフウェーライン付近でボールを奪い、カウンターを展開。ペナルティエリア手前までボールを運び右へスルーパスを送ると、前田がGKと1対1となり左足でループシュート。しかしわずかに枠の上に外れてしまい追加点とはならない。

 対して、追いつきたい札幌も果敢に攻め込むも、キャプテン丸山祐市らの落ち着いた守備を前に、なかなかチャンスを作り出すことができない。

 すると44分、名古屋がゴール前の好位置でFKを獲得。マテウスが左足で直接狙うと、無回転気味のボールは壁の上を超え、ゴール右を揺らす。マテウスの2試合連続ゴールは貴重な追加点となる。

 前半はここで終了。名古屋が2点リードで折り返す。
 
 後半、さらなる追加点を狙う名古屋がゴール前に攻勢をかける。一方まずは1点を返したい札幌だが、精神的優位に立つ相手のディフェンスを前に、状況を打開できない。

 そのなかで68分には、敵陣中央でFKを獲得。菅大輝がシュートを放つが、これは枠の上に外れてしまい、反撃の1点は生まれない。

 すると逆に79分。マテウスがペナルティエリア右に進入し、左にやわらかい横パス。これに走り込んだ稲垣祥が右足で豪快なシュートを放つと、ボールは左ポストに当たりゴールに吸い込まれる。名古屋が試合を決定づける大きな3点目を奪う。

 その後、1点でも返したい札幌は足を止めずゴール前に攻め込むも、最後までゴールは奪えず。結局3-0で試合終了のホイッスル。名古屋は3試合連続のクリーンシートで、3連勝となった。

 次節は18日(日)に名古屋がアウェーで首位・川崎フロンターレと、札幌がホームで鹿島アントラーズとの一戦となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)