新潟が酒気帯び運転で書類送検されたファビオとP・マンジーを契約解除。是永社長、玉乃GMも処分

アルビレックス新潟が酒気帯び運転で書類送検された2選手と契約解除 社長とGMも処分

記事まとめ

  • アルビレックス新潟は19日、FWファビオとFWペドロ・マンジーの契約解除を発表した
  • 先月、ファビオが運転する車が酒気帯び運転の取り締まりを受け同乗のマンジーも捜査
  • 19日には2選手ともに書類送検されることが決まり、クラブは謝罪のコメントを発表した

新潟が酒気帯び運転で書類送検されたファビオとP・マンジーを契約解除。是永社長、玉乃GMも処分

新潟が酒気帯び運転で書類送検されたファビオとP・マンジーを契約解除。是永社長、玉乃GMも処分

契約解除となったファビオ(左)と、P・マンジー(右)。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)



 アルビレックス新潟は10月19日、クラブの公式ホームページで道路交通法違反(酒気帯び運転)により書類送検されていたFWファビオとFWペドロ・マンジーの契約解除を発表した。

 新潟は今月15日に問題となった経緯を発表していた。それによると、約1か月前の9月17日の午前1時から2時頃。新潟市内にて、ファビオが運転する車が酒気帯び運転の取り締まりを受けた。その直前に同乗していたP・マンジーとともに任意捜査の対象となり、10月15日に警察の捜査がすべて終了。その結果、19日には2選手ともに書類送検されることが決まったという。

 それを受けて新潟は19日、午前9時より臨時取締役会を開催し、同日付でファビオとP・マンジーの2選手を契約解除。さらに新潟の是永大輔代表取締役社長の減俸処分および、玉乃淳ゼネラルマネージャー兼強化部長のけん責処分(10月19日〜2020年12月31日の間の報酬の100%を自主返納)が発表された。
 
 今季より新潟に加入した、ブラジル出身の23歳・ファビオはここまで19試合に出場し5得点。問題発生からリーグ戦6試合に出場。スペイン出身の32歳・P・マンジーは8試合に出場し0得点だった。

 クラブは公式ホームページで「本件につきまして、ファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、後援会員の皆様、ホームタウンの関係者様、そしてJリーグ、サッカー、スポーツに関わるすべての皆様に、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことへ、深くお詫び申し上げます」と謝罪のコメントを発表している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)