「明るいニュースを届けようや!」槙野智章が問題続出のサッカー界に一喝! 全Jリーガーに呼びかけ「魅せてやろうぜよ!」

「明るいニュースを届けようや!」槙野智章が問題続出のサッカー界に一喝! 全Jリーガーに呼びかけ「魅せてやろうぜよ!」

槙野が自身のSNSで、暗いニュースが飛び交う日本サッカーの現状に喝を入れた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 浦和レッズのDF槙野智章が10月20日に自身のインスタグラムを更新。近頃、日本サッカー界で不祥事などの暗いニュースが飛び交うなか、「明るいニュースを届けよう」とJリーガーに呼びかけた。

 Jリーグではここ数日、選手の不祥事による問題が次々に発生。J2アルビレックス新潟のブラジル人FW2名が酒気帯び運転により警察に書類送検され、19日にクラブが両選手の契約解除を発表。さらにその翌日には、ベガルタ仙台のMF道渕諒平が女性トラブルで世間を騒がせ、クラブから契約解除を言い渡されていた。

 槙野は、自身のインスタでこうした状況に一喝。エスコートキッズと入場する様子を写した1枚の写真を添え、「おぃ! Jリーガー達よ!」とプロサッカー選手としての心構えを熱く語っている。

「暗いニュースじゃなくて、明るいニュースをサッカーで届けようや!!!俺たちは夢や希望や元気や笑顔を届けるのも責務だぞ!!俺は小学生の頃にエスコートキッズをしてプロ選手と入場し、そのわずかな時間でも夢を持たせてもらった。サッカー選手になりたいと思った。そしてプロになり与える立場になった!」
 
 この投稿に、J2レノファ山口FCのMF田中パウロ淳一は「間違いないです」とコメント。さらに、エイバル(スペイン)に所属するFW武藤嘉紀も「素晴らしい!魅せてやりましょう!」と共感を示した。またファンからも多くの反応が寄せられ、コメント欄は槙野の言動を絶賛する声で溢れかえっている。

「相変わらず格好いいです」
「マッキーいいこと言うね!心が震えた〜」
「さすが〜、わたしの好きな槇野さんだ」
「子どもたちに夢を与える素敵な選手としてこれからも活躍してほしいよ!」
「夢見せてくれ子供にもおっさんにも」
「こういう時にこうやってサッカー界を鼓舞できる槙野選手、尊敬します」

 小学生時代にプロサッカー選手に夢を持たせてもらい、今度は自身が子供たちに夢を与える番だと強い意思を示す槙野。最後には「Jリーガー達よ!魅せてやろうぜよ!!」と言い放ち、投稿を締めくくっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【写真】「魅せてやろうぜよ!」エスコートキッズと歩く槙野の入場ショット! 日本サッカー界に一喝!

関連記事(外部サイト)