3失点完敗のマドリー、先発8人が“採点なし”衝撃評価!「CLのレベルにない」と酷評された3選手は?

3失点完敗のマドリー、先発8人が“採点なし”衝撃評価!「CLのレベルにない」と酷評された3選手は?

13分間で3ゴールを奪われ、呆然とするマドリーの選手たち。(C) Getty Images



 現地時間10月21日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループB・第1節で、レアル・マドリーはウクライナ王者のシャフタール・ドネツクとホームで対戦。2−3でまさかの黒星スタートとなった。

 29分に敵の左SBヴィクトル・コルニエンコに簡単に侵入を許し、フリーになったテテに先制点を奪われると、その4分後にはテテのシュートをGKティボー・クルトワが弾いたところを、CBラファエル・ヴァランヌがクリアしきれずにオウンゴールを献上する。

 さらに42分、シャフタールの素早い攻撃に守備陣が翻弄されると、モノール・ソロモンに強烈なシュートを叩き込まれ、なんと前半だけで3ゴールを許す。

 後半に入り、53分にルカ・モドリッチが圧巻のミドル弾を叩き込むと、59分にも途中出場のヴィニシウス・ジュニオールが左サイドからドリブルで切れ込み、グラウンダーのシュートで2点目を奪取。あと1点に迫ったが、追いつくことができなかった。

【画像】それでも採点なし? モドリッチが決めた圧巻のミドルー弾シーン
 昇格組カディスに足をすくわれた17日のラ・リーガ第6節に続く、公式戦連敗となったチームに、スペインのメディアは厳しい評価を与えている。

 マドリードに拠点を置く『Marca』紙は、「このマドリーは悲惨だ」「クラシコも気を付けたほうがいい」と批判。とりわけ故障のセルヒオ・ラモスの代役としてCBに入ったエデル・ミリトン、左SBのマルセロ、カリム・ベンゼマに代わってCFで先発したルカ・ヨビッチの3人は「CLでプレーするレベルにない」と酷評した。15年目のマルセロについては、「もはや国内のカップ戦要員」と手厳しかった。

 また、同じくマドリー寄りで知られる『As』紙も、上記の3人に、ヴァランヌ、フェルラン・メンディ、モドリッチ、ロドリゴ、マルコ・アセンシオを加えた先発8人を「採点なし」とする辛辣評価。その他のクルトワ、カゼミーロ、フェデリコ・バルベルデも1点だった(3点が最高)。

 3日後に迫った宿敵バルセロナとのクラシコに、最悪のチーム状態で臨むことになったマドリー。大一番でリーガ王者の底力を見せられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)