初先発の久保建英が前半だけで初ゴール&初アシストをマーク!インサイドハーフ起用で大暴れ【EL速報】

初先発の久保建英が前半だけで初ゴール&初アシストをマーク!インサイドハーフ起用で大暴れ【EL速報】

初スタメンで1ゴール・1アシストをマークした久保。(C) Rafa HUERTA



 現地時間10月22日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)・グループIの第1節で、久保建英が所属するビジャレアルが、トルコのシワススポルをホームに迎えた。

  ラ・リーガでは、開幕から6試合連続で途中出場となっている久保は、移籍後初スタメン。4-3-3の右インサイドハーフに入ると、前半から躍動する。

 まずは0−0で迎えた13分、チュクウェゼのシュートのこぼれ球に反応。左足で落ち着いてネットを揺らし、移籍後初ゴールを挙げる。さらに、20分には絶妙のトラップから巧みなパスでバッカの追加点をアシストし、前半だけで1ゴール・1アシストと結果を残す。

 日本の19歳の活躍で2点をリードしたビジャレアルは、33分にカヨデのゴールで1点を返される。その直後にバッカが倒されPKを獲得するも、このコロンビア代表FWがGKにセーブされ失敗。43分にも失点し、2−2で折り返している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】スペインメディアが絶賛! 久保建英の絶妙ヒールパスはこちら

関連記事(外部サイト)