「圧巻のクボ劇場」初先発の久保建英が1ゴール&2アシストと躍動!ビジャレアルは5発で壮絶な撃ち合いを制す【EL】

久保建英、移籍後初のスタメンで移籍後初ゴール ビジャレアルは5−3で勝利

記事まとめ

  • ヨーロッパリーググループIの第1節で、ビジャレアルとトルコのシワススポルが対戦した
  • 久保建英は移籍後初のスタメン出場で、13分に待望の移籍後初ゴールを挙げた
  • 久保はその他にも2アシストと躍動し、ビジャレアルは5−3で勝利を飾っている

「圧巻のクボ劇場」初先発の久保建英が1ゴール&2アシストと躍動!ビジャレアルは5発で壮絶な撃ち合いを制す【EL】

「圧巻のクボ劇場」初先発の久保建英が1ゴール&2アシストと躍動!ビジャレアルは5発で壮絶な撃ち合いを制す【EL】

初スタメンで1ゴール・2アシストをマークした久保。(C)Getty Images



 現地時間10月22日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)・グループIの第1節で、久保建英が所属するビジャレアルが、トルコのシワススポルをホームに迎えた。

 ラ・リーガでは、開幕から6試合連続で途中出場となっている久保は、移籍後初スタメン。4-3-3の右インサイドハーフ(トップ下に可変することも)に入ると、前半から躍動する。

 まずは0−0で迎えた13分、チュクウェゼのシュートのこぼれ球に反応。左足で落ち着いてネットを揺らし、待望の移籍後初ゴールを挙げる。さらに、20分には絶妙のトラップからの巧みなパスでCFバッカの追加点をアシストする。

 2点をリードしたビジャレアルは、33分にカヨデのゴールで1点を返される。その直後に久保のパスを受けたバッカが倒されPKを獲得するも、このコロンビア代表FWのキックはGKにセーブされ失敗。これで気落ちしたのか43分に失点し、2−2で折り返す。

 だが、後半に入っても「クボ劇場」は続く。57分に鋭いCKで移籍後初出場のCBフォイのヘッド弾をアシスト。3点目を演出する。

 64分にグラデルに直接FKを叩き込まれて再び追い付かれるも、74分に途中出場のパコ・アルカセルがチュクウェゼのパスから勝ち越し点を奪うと、このストライカーが4分後にも追加点。壮絶な撃ち合いを制したビジャレアルが5−3で勝利を飾っている。

 初スタメンフル出場し、1ゴール・2アシストと躍動した久保は、これまで慎重な起用法だったエメリ監督への強烈なアピールに成功したと言えるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】スペインメディアが絶賛! 久保建英の絶妙ヒールパスはこちら

関連記事(外部サイト)