「スタメンになりたい」猛烈アピールの久保建英が“本音”を吐露!「決めるのは監督なので…」

「スタメンになりたい」猛烈アピールの久保建英が“本音”を吐露!「決めるのは監督なので…」

3ゴールに絡む活躍を見せた久保。試合後に何を語った?(C)Mutsu FOTOGRAFIA



 これまでの鬱憤を晴らすかのような躍動ぶりだった。

 現地時間10月22日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)・グループIの第1節で、久保建英が所属するビジャレアルは、トルコのシワススポルとホームで対戦。5−3で白星を挙げた。

 移籍後初スタメンとなった久保は、これまでの両サイドではなく、4-3-3の右インサイドハーフで出場。攻撃時はトップ下の位置まで上がって積極的に攻撃に絡む。

 そして13分、サミュエル・チュクウェゼのシュートのこぼれ球に反応し、左足で落ち着いてネットを揺らして待望の移籍後初ゴールをゲット。その7分後には、上手くボールを収めてスペースへ絶妙のパスを送り込み、カルロス・バッカの追加点をアシストした。

 さらに、この日はセットプレーのキッカーも務めた16番は、57分に鋭く曲がるCKで新加入のCBファン・フォイのヘッド弾をお膳立て。1ゴール・2アシストと5点中3点に関与する圧巻のパフォーマンスを披露した。

【画像】ビジャレアル公式が公開した久保建英の初ゴール&歓喜シーンはこちら
 スペイン紙『AS』は、試合後のフラッシュインタビューで、久保が次のようにコメントしたと伝えている。

「誰がプレーするかを決めるのは、自分ではなく監督です。すべてのプレーヤーがスタメンになりたい。前進できたので、どうなるか見てみましょう。個人的には満足していますし、前進を続けたいと思います」

 リーガでは、ここまで6試合でわずか80分しか出場時間が与えられなかった久保。この活躍が定位置奪取のキッカケとなるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)