「エメリを失望させなかった」久保建英の1G2Aの圧巻パフォーマンスに海外紙も感嘆!「クレイジーな試合で…」

「エメリを失望させなかった」久保建英の1G2Aの圧巻パフォーマンスに海外紙も感嘆!「クレイジーな試合で…」

エメリ監督(右)からの期待に目に見える結果で応えた久保に地元メディアからも賛辞が集まっている。 (C)Mutsu FOTOGRAFIA



 日本サッカーの至宝が鮮烈な輝きを放った。

 現地時間10月22日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)・グループIの第1節で、久保建英が所属するビジャレアルは、トルコのシワススポルと本拠地で対戦。5-3と激しい撃ち合いを制した。

 互いに持ち味を発揮した攻防戦で、出色のパフォーマンスを披露したのが、久保だ。移籍後初スタメンを飾った19歳は、4-3-3の右インサイドハーフ(トップ下に可変することもあった)に入ると、水を得た魚のようにフレッシュな動きを見せる。

 そして幾度となく見せ場を作る。まずはスコアレスで迎えた13分にサミュエル・チュクウェゼのシュートのこぼれ球を左足でねじ込んで待望の移籍後初ゴールを決めると、その7分後には絶妙のトラップからの巧みなスペースへのパスでCFカルロス・バッカの追加点をアシスト。さらに57分には鋭く曲がる絶妙なCKを蹴り込んでファン・フォイのヘディングシュートをお膳立てしてもみせた。

 初のスタメン抜擢に、1ゴール・2アシストと目に見える結果で応えた久保。そんな日本の至宝の“大活躍”に現地メディアも舌を巻いている。スペイン・メディア『El Desmarque』は、「クボとアルカセルがデ・ラ・セラミカでのゴールラッシュの中で輝いた」と銘打ったマッチサマリー内で、次のように綴った。

「5-3というクレイジーなゲームの中で日本のクボは鮮烈な輝きを放った」
 
 また、海外メディアからも賛辞が寄せられている。ペルー紙『Depor』は、「日本の19歳、タケフサ・クボは“イエローサブマリン(ビジャレアルの愛称)”で初めてのゴールを得意の左足で決めた」と伝え、こうレポートした。

「スペイン人監督ウナイ・エメリは、トルコの古豪との決闘で、マドリーからやってきたクボに自分自身を示すチャンスを与えた。そして彼は、チームや指揮官を失望させなかった。お世辞にも最高とは言えない形ではあったが、重要な初ゴールを決めたのである」

 さらに同紙は、久保の活躍を受け、今後のキャリアも予想した。

「マドリーは久保のクオリティーに高い信頼を寄せている。だが、今現在ビジャレアルで彼のポジションには多くの選手がいる。そのため、フロレンティーノ・ペレス会長をはじめとするマドリーの首脳陣は、彼の才能を最大限に活かすために他のチームでプレーすることも協議しているようだ」

 自身初のヨーロッパの国際舞台で、ポテンシャルの高さを示した久保。チームは現地時間10月25日にカディス(ラ・リーガ第7節)と対戦するが、はたして、出場機会は回ってくるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)