「鬼体幹」「おもしろ美しい」浦和・槙野智章の“低姿勢キック”が話題! 驚きのショットに本人も自画自賛

「鬼体幹」「おもしろ美しい」浦和・槙野智章の“低姿勢キック”が話題! 驚きのショットに本人も自画自賛

槙野がSNSで公開した自身のプレー写真に反響が集まっている。写真:滝川敏之



 浦和レッズのDF槙野智章が10月25日に自身のインスタグラムを更新。自身のプレー写真を公開し、その特殊なキックモーションを「この姿勢は凄い」と自画自賛している。

 槙野は今季ここまで、リーグ戦20試合に出場し、1ゴールを記録。24日に行なわれた24節・セレッソ大阪戦でも先発フル出場を果たし、身体を張ったシュートブロックや最終ラインを統率するリーダーシップを遺憾なく発揮。先制される展開にも慌てることなくそれ以上の失点を許さず、3−1の勝利に大きく貢献した。

 これまでも自身のSNSでの趣向を凝らした投稿でファンを楽しませてきた槙野だが、25日には自身のプレーを切り取った一枚の写真を公開。「キックのモーションは様々だ。だが、この姿勢は凄い」とキック時の体勢を自ら称賛している。

「並大抵の筋力と体幹の強さでは、出来やしないな。と、自分を褒めたい。たまには褒めてやりましょう。たまにはだよ。たまには」
 


 極限まで低い姿勢からボールを蹴りだす体幹の強さに、ファンからも絶賛の声やその特殊な体勢を面白おかしく例えるなど、多くのコメントを寄せている。

「鬼体幹」
「素晴らしいです」
「太ももが競走馬」
「おもしろ美しいです」
「なにより腕の方向が凄い」
「『令和versionキンちゃんばしり』かと思いました」
「スリラーのマイケルみたい」
「コサックキックですね!」
「ライン際での体幹の強さ、対面での力強さ、ほんとに尊敬!」

 現在8位の浦和はC大阪戦に快勝し、ここ4戦負けなしで2連勝を飾った。3位以内のチームに与えられる目標のACL出場権獲得へ、このまま連勝街道を突き進みたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【写真】「この姿勢は凄い…」槙野が披露した驚きの“低姿勢キック”! ファンも絶賛!

関連記事(外部サイト)