圧巻アシストの久保建英、驚異の採点“8点台”をマーク! 断トツだったスタッツとは?

圧巻アシストの久保建英、驚異の採点“8点台”をマーク! 断トツだったスタッツとは?

マッカビ・テルアビブ戦で今シーズン3つ目のアシストをマークした久保。(C)Mutsu FOTOGRAFIA



 現地時間11月5日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節(I組)で、久保建英が所属するビジャレアルが、イスラエルの強豪マッカビ・テルアビブとホームで対戦。4-0の快勝を収め、3連勝を飾った。

 2日のバジャドリー戦ではベンチスタートだったものの、ELでは3試合連続のスタメン入りを果たした久保は、4-3-3の右ウイングでプレー。前半から積極的にボールに絡む。

 最大の見せ場がやってきたのは、1-0で迎えた52分だった。敵のマーカー2人を相手に右サイドでボールをキープすると、得意の左足から絶妙のタイミングでダイアゴナルのパスを供給。FWカルロス・バッカの技ありヘッド弾を見事にお膳立てしてみせた。

 さらに、その後もバッカへ鋭いスルーパスを送り込むなどチャンスを作り出した久保。欧州のデータサイト『Whoscored.com』によれば、キーパス(アシスト以外のシュートに繋がった)は両チーム断トツの4本を記録した。

【動画】「完璧なパス」と現地紙が絶賛!久保建英の絶妙アシストはこちら
 また、同サイトのレーティングでは、2ゴール・1アシストのバッカ(9.4点)には及ばなかったが、驚きの「8.2点」をマーク(10点満点)。こちらは印象点ではなくスタッツなどを基に算出されており、新聞社などの採点に比べて高くなる傾向にあるとはいえ、両軍合わせて2番目の高評価だったのは、久保が際立っていた証しだ。

 昨シーズンはチャンピオン・リーグで南野拓実(現リバプール。当時はレッドブル・ザルツブルク)、ELで鎌田大地(フランクフルト)がブレイクしたが、今シーズンに欧州カップ戦の舞台で花を咲かせるサムライ戦士は、この19歳かもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部






 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?