韓国メディアが森保ジャパンとの “アンタクト韓日戦”に注目! 3戦連続無失点の戦いぶりにも言及

韓国メディアが森保ジャパンとの “アンタクト韓日戦”に注目! 3戦連続無失点の戦いぶりにも言及

パナマ戦で決勝ゴールを決めた南野。そのパフォーマンスを韓国メディアも注目している。写真:龍フェルケル



 オーストリアのグラーツで行なわれた日本代表対パナマ代表のAマッチの結果は、韓国でも報じられている。

「日本、パナマ戦に1-0の勝利」(『スポーツ・トゥデイ』)
「日本、パナマに冷や汗勝利」(『スターニュース』)
などで、その見出しの始まりに「南野PK決勝ゴール」の枕詞がつく報道が多かった。

 スポーツ芸能メディア『OSEN』も「決勝PKゴールを決めた南野、“久保とのコンビネーションが良かった”」と題した記事の中で、「南野拓実が海外組としてのプライドを守った」と評価。ただ、後半途中にパナマ代表のGKが退場となり、日本は数的有利にあったことに言及するメディアもあり、サッカーメディア『InterFootball』は「南野決勝ゴール、日本が数的劣勢のパナマを1-0で制圧」と題したAマッチ・レビュー企画の中で、「日本はパナマが数的劣勢に陥った状況でも辛くも勝利できた」と付け加えることを忘れなかった。

 そんな韓国メディアが注目していたのが、森保ジャパンが3試合連続無失点を続けたこと。「日本はこの日の勝利で、今年10月に行なわれたカメルーン(0-0の引き分け)とコートジボワール(1-0の勝利)に続き3試合無敗行進を続けた」(『OSEN』)と強調していた。

 面白いところでは『毎日経済新聞』系列のスポーツ専門ネットメディア『MKスポーツ』の報道か。同メディアは「日本が最近Aマッチで失点したのは、2019年12月に釜山(プサン)で開かれたE-1チャンピオンシップの韓国戦だった。韓国は28分に決めたファン・インボムの決勝ゴールで1-0の勝利を収め、大会優勝を飾った」と説明。その記事のタイトルは「日本、ファン・インボムゴールを許したあとは国際Aマッチ332分連続無失点」というものだった。
 
 いすれにしても、3試合連続無失点・無敗行進を続ける森保ジャパンに韓国メディアも注目しているようだが、11月15日には韓国が、11月17日(日本時間18日)には日本がメキシコ代表とAマッチを行なうこともあって、「メキシコを相手する韓・日サッカーのトップクラスの選手たち、誰がよりうまいか」(一般紙『京郷(キョンヒャン)新聞』)という記事も出ている。この記事では、11月のAマッチ・ウィークに招集された日韓の代表選手をポジション別に分け、所属クラブでの活躍ぶりを紹介しながら、「両国ともに欧州組中心のチーム構成」「オーストリアで“アンタクト韓日戦”」としている。

 ちなみに「コンタクト」を否定する「un」を付けた「アンタクト(untact)」は非接触を意味する韓製英語。新型コロナ時代に生まれた造語だが、その“アンタクト韓日戦”が実現するかどうかは一時不透明な状況となっていた。

 オーストリアで合宿中の韓国代表だが、クォン・チャンフン(フライブルク)、イ・ドンジュン(釜山アイパーク)、チョ・ヒョヌ(蔚山現代)、ファン・インボム(ルビン·カザン)ら選手とスタッフ1人が新型コロナ陽性判定を受け、そのほかの選手も改めてPCR検査を受けることになったからだ。KFAはその結果を受けてオーストリアの防疫当局、メキシコサッカー協会やオーストリアサッカー協会と試合開催について協議するとしていたのだが、試合は開催されている。

文●ピッチコミュニケーションズ

(参照記事)
サッカー韓国代表の感染経路ミステリー。欧州現地で感染か、国内で潜伏か
https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=20390
 

関連記事(外部サイト)

×