「永久保存版」「あの位置から撃てるのは…」“湘南一筋” 齊藤未月が魅せた50m超のロング弾にファン大絶賛!

「永久保存版」「あの位置から撃てるのは…」“湘南一筋” 齊藤未月が魅せた50m超のロング弾にファン大絶賛!

ロングシュートで今季2点目を奪った齊藤。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 “湘南一筋”の21歳が魅せた、ロングレンジの超豪快弾が話題になっている。

 11月15日、湘南ベルマーレはアウェーでヴィッセル神戸と対戦し2-0で勝利。圧巻のゴールが生まれたのは、1-0でリードして迎えた84分だった。

 齊藤未月が右サイドのハーフウェーライン付近で、酒井高徳にプレスを掛けボールを奪うと、その場で即座に右足一閃。大きな放物線の軌道を描いたボールは、手を伸ばすGK飯倉大樹の手の上を超え、ゴールマウスへ吸い込まれたのだった。

 下部組織出身で、10歳から湘南でプレーする齊藤が奪った驚異の一撃には、ファンも大興奮。SNS上では「キックの正確性が素晴らしい」「すげええええええええ」「パーフェクトすぎ」「あの位置から迷わず撃てるのは天才だな」「永久保存版!!」「今年のプスカシュ賞は決まりましたね」といった絶賛の声が続々と寄せられている。
 
 また、データ専門会社『Opta』では「2015年シーズン以降では、2018年に藤本淳吾(当時ガンバ大阪)が記録した53.06mに次ぐ、 J1リーグで2番目に長い52.97mから得点を記録」と、驚異のロングシュートを伝えている。

 ちなみに同日、海の向こうではUEFAネーションズ・リーグでカザフスタンのアバト・アイムベトフがキックオフでちょこんと出したボールをゴールに叩き込み、いわゆる“キックオフゴール”を記録。ロングシュートでのスーパーゴールが相次ぐ1日となったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「パーフェクト」齊藤未月が魅せた驚異の”ロングスナイプ”はこちら!

関連記事(外部サイト)

×