【日本代表】「増やしていかないと厳しい」目標のプレミアへ鈴木武蔵が語った課題は?メキシコ戦は「すごく楽しみ」

【日本代表】「増やしていかないと厳しい」目標のプレミアへ鈴木武蔵が語った課題は?メキシコ戦は「すごく楽しみ」

オンライン会見に出席した鈴木。※写真は会見中のスクリーンショット。



 日本代表は11月16日、遠征先のオーストリア・グラーツからオンライン会見を実施。FW鈴木武蔵が登場し、次戦のメキシコ戦への意気込みなどを明かした。

 まず、自身は出場のなかったパナマ戦を「後半は相手の強度が落ちて、間も背後のスペースも空いている印象だった。出たら動きの部分でチャンスを作れたとは思いながら見ていた」と見解を示したストライカー。そのうえで、メキシコ戦に向けては次のように意気込みを語った。

「(メキシコは)ビッグクラブでプレーしている選手はそんなに多くないが、本当にすごい力があって、FIFAランクも11位だし、技術もすごい高い。そのなかでも必ず隙は出てくるので、そこを上手く突いて勝利につながるゴールを決めたい」

 またそのなかで、プレミアで活躍するメキシコ代表のFWラウール・ヒメネス(ウォルバーハンプトン)についても言及した。

「韓国との試合を見ていても、シュート数もゴール前でのチャンスメイクも多い。やっぱそういう選手はどの試合でも、点を取りそうなところを分かっているし、シュートに対して本当に積極的だなと思う。実際試合をしてみて感じるものもあると思うので、すごく楽しみ」
 
 そして、以前には「プレミアでプレーすることが目標」と話した鈴木は、夢の実現へ自身の課題も打ち明けた。

「ゴール前でのシュートバリエーションを増やしていかないとなかなか厳しい。またクロスだったり、背後に抜けたりっていう以外にも、ミドルレンジからシュートの積極性だったり、それを決めきる力だったり、ゴール前での狭い局面でも落ち着いてプレーできるところももっとレベルアップしていかないと目標には難しい。そこはヨーロッパ(所属クラブ)だったり、代表活動のなかで、少しずつレベルアップできたらと思う」

 現在所属クラブのベルギー1部・ベールスホットでは8試合で5ゴールと結果を残している鈴木。今後も「シュートへの積極性」を見せ、確かな手応えを掴みたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)