日本、強豪メキシコを相手に前半は再三決定機を掴むも得点できず…0-0で後半へ

日本、強豪メキシコを相手に前半は再三決定機を掴むも得点できず…0-0で後半へ

前半、日本は原口の強烈なミドルシュートから流れを掴んだ。(C) Getty Images



 国際親善試合の日本代表対メキシコ代表は現地11月17日、オーストリア・グラーツで行なわれ、前半を終えて0対0となっている。

 オーストリア遠征初戦のパナマ戦からスタメン9人を変更。4-4-2でスタートした日本は、GKをシュミット・ダニエルが務め、最終ラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太と並ぶ。中盤はボランチに柴崎岳とパナマ戦で存在感を見せた遠藤航のコンビ。右に伊東純也、左に原口元気が入り、トップ下には鎌田大地。最前線は鈴木武蔵という顔ぶれとなった。

 立ち上がりはメキシコがボールを支配しながら日本ゴールを窺う展開となったが、10分過ぎから日本が押し返す。11分に原口が強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かすと、15分にはカウンターから原口のラストパスに反応した鈴木がGKと1対1に。しかしここはメキシコ守護神のギジェルモ・オチョアの好守に阻まれ、得点には至らない。直後の伊東のシュートもオチョアの好セーブに阻まれた。

 日本はこの時間帯の攻勢を機に流れを掴み、ディフェンスも機能し始め、メキシコに対して付け入る隙を見せない。27分には右サイドのオープンスペースに抜け出した伊東からグラウンダーの鋭いクロスが入るが、これも中で合わせきれず、日本はチャンスを掴みながらもゴールを奪い切れない。

 結局、前半はともにゴールを奪えず、0-0で折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)