強豪メキシコとの一戦で森保監督が見つけた課題と収穫は?「苦しい場面もありましたけど…」

強豪メキシコとの一戦で森保監督が見つけた課題と収穫は?「苦しい場面もありましたけど…」

森保監督は序盤の決定機を仕留められなかったことを悔やんだ。写真:龍フェルケル



 11月17日(日本時間18日)、日本代表はオーストリアでメキシコと国際親善試合を行ない、0-2で敗れた。

 FIFAランキング11位のメキシコ相手に、立ち上がりはボールを支配した日本。ただ、原口元気や鈴木武蔵の決定機はGKの好守に阻まれ、得点には至らず。その後は徐々にメキシコにペースを握られ、63分と68分に立て続けに失点した。

 試合後、テレビのフラッシュインタビューに答えた森保一監督は、試合をこう振り返った。

「序盤から(試合の)強度が高く、苦しい場面もありましたけど、耐えながら流れを持ってきて、いくつかあったチャンスで得点を奪えれば違う展開になったと思います。ただ、強い相手なので、流れを渡すと難しい展開になる」
 
 森保監督の言うように、序盤の決定機を確実に仕留めて先制点を奪うことができていれば、流れを引き寄せることができた。ただ、足りなかったのは「決め切る決定力」(森保監督)で、これが今後の課題になってくるだろう。

 もっとも、「ヨーロッパの選手だけで活動させてもらいましたが、すべての部分でチームのレベルアップにつながる経験ができた」(森保監督)と内容に手応えを感じたシーンもあるようだ。

 年内最後の代表戦には敗れたものの、「この経験をさらに活かしてレベルアップしていきたい」と宣言した指揮官が、日本代表をどう成長させていくかに注目したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

関連記事(外部サイト)