「久保を投入し、最後の希望をかけたが…」韓国は森保J年内最終戦をどう見た?「後半に守備の不安を露出」

「久保を投入し、最後の希望をかけたが…」韓国は森保J年内最終戦をどう見た?「後半に守備の不安を露出」

2020年ラストマッチを0-2で落とした日本代表。写真:龍フェルケル



 現地時間11月17日、日本代表はオーストリア・グラーツでFIFAランキング11位の強豪・メキシコと対戦し、0-2で敗れた。この一戦は韓国でも報じられている。

 韓国代表は今月14日にメキシコと対戦。20分にかつてガンバ大阪にも在籍したファン・ウィジョの得点で先制するも、67分に同点ゴールを許すと、さらにそこから立て続けに2失点。試合終了間際に1点を返すも及ばず、2-3で敗れている。

 そのなかで、3日後に同じメキシコと相まみえた“隣国”の戦いを速報。大手新聞社『朝鮮日報』では「“オール欧州組”日本、メキシコに完敗」と見出しを打ち、次のように試合内容を伝えた。

「前半は日本の流れだった。強いプレッシャーをかけメキシコを抑え、自分たちの展開を継続した。しかし、アタッキングサードでの危険性は低かった。結局前半は0-0で終えると、後半開始と同時にメキシコが勢いを出してきた。

 相手の攻勢に対し、森保監督は鈴木の代わりに南野、柴崎の代わりに橋本を投入。だが、交代効果はなかった。
 
 メキシコは後半18分、ヒメネスが強烈なシュートで先制点を挙げた。先制直後にはヒメネスとピネダを下げる余裕も見せた。

 一方的に攻勢を広げたメキシコは、後半23分ロサーノが追加点。2点のリードを握ったメキシコはゆったりとした試合運びを通じ、日本を翻弄した。

 日本は後半27分、久保を投入し、最後の希望をかけた。しかし彼も、メキシコのタフな守備の前に何の活躍も見せられず。試合はそのまま、日本の0-2の敗北に終わった」

 さらに、スポーツメディア『スポータルコリア』が「日本は後半に守備の不安を露出」と伝えれば、通信社『Yonhap News』は「パナマとの親善試合に1-0で勝った日本は、今年最後のAマッチでは苦みを見た」と一報している。

 韓国から見ても、強豪相手に戦った森保ジャパンの2020年最終戦は、苦しいゲーム内容に映ったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】前半決定機も後半2失点で敗戦!メキシコ戦ハイライトはこちら!

関連記事(外部サイト)