岡崎慎司が1か月半ぶりに戦列復帰! ウエスカは今季7回目のドローに終わり、初勝利はお預け

ウエスカの岡崎慎司が1カ月半ぶりにピッチに復帰 1部昇格後の初勝利はお預け

記事まとめ

  • ウエスカに所属する岡崎慎司が、アウェー戦で約1カ月半ぶりにピッチに復帰した
  • 75分に登場した岡崎は、ブランクを想像させないキレのある動きで懸命に体を張った
  • 引き分けたウエスカは、10試合を終えてまたしても1部昇格後の初勝利はお預けとなった

岡崎慎司が1か月半ぶりに戦列復帰! ウエスカは今季7回目のドローに終わり、初勝利はお預け

岡崎慎司が1か月半ぶりに戦列復帰! ウエスカは今季7回目のドローに終わり、初勝利はお預け

変わらぬ献身的なプレーを見せた岡崎。(C)Getty Images



 現地時間11月20日に行なわれたラ・リーガ第10節オサスナとのアウェー戦で、ウエスカに所属する岡崎慎司が約1か月半ぶりにピッチに復帰した。

 岡崎は10月に行なわれたエルチェ戦で左足ハムストリングを負傷し、この試合でようやくベンチ入りを果たしていた。試合は5分にサンドロ・ラミレスがラファ・ミルのクロスを弾いたGKのミスを捉え、押し込んでウエスカが先制していた。

 1点を先に奪ったアウェーチームは、オサスナの攻めを粘り強く跳ね返しながら耐え、前半をリードして折り返す。

 しかし、その後に追加点を奪うことができず、68分にデビド・ガルシアに押し込まれて同点にされる。

 岡崎はその後75分にピッチにスコアラーのラミレスと交代して登場。肩を揺らしながら久々のフィールドに足を踏み入れ、ワントップに入った。

 背番号12はブランクを想像させないキレのある動きで、前線から積極的にプレスを仕掛けた。だが、押し込まれた状況でなかなかボールに触ることができない。それでも前線の的として精力的な動き出しでどうにかラ・リーガ初勝利を目指して懸命に体を張った。

 しかし試合はそのまま終了。この引き分けで勝点1を得たウエスカは、10試合を終えてまたしても1部昇格後の初勝利はお預けとなったが、7分3敗で暫定17位に浮上。次節は28日、ホームにセビージャを迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)