川崎、4試合を残して史上最速V! 家長ハット、憲剛も登場でガンバ圧倒、2年ぶり3度目の優勝

川崎フロンターレ、4試合を残して史上最速V ガンバ大阪を圧倒し2年ぶり3度目の優勝

記事まとめ

  • 川崎フロンターレ対ガンバ大阪は5-0で川崎が勝利、2シーズンぶり3度目の優勝を決めた
  • 22分にレアンドロ・ダミアンが先制、家長昭博が前半終了間際に追加点を決め、前半終了
  • 後半にも家長が2点を決め、ハットトリックを達成、中村憲剛も出場、齋藤学の5点目も

川崎、4試合を残して史上最速V! 家長ハット、憲剛も登場でガンバ圧倒、2年ぶり3度目の優勝

川崎、4試合を残して史上最速V! 家長ハット、憲剛も登場でガンバ圧倒、2年ぶり3度目の優勝

古巣のG大阪を相手に家長がハットトリックを決めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 川崎が4試合を残して、J1史上最速Vを達成!

 29節の川崎フロンターレ対ガンバ大阪は11月25日、等々力陸上競技場で行なわれ、5-0で川崎が勝利を収め、2シーズンぶり3度目の優勝を決めた。

 試合は川崎が序盤からペースを握り、22分には登里享平のクロスにレアンドロ・ダミアンが飛び込み、豪快に右足ボレーで蹴り込み先制。その後も川崎が押し込む展開となり、前半終了間際にはCKからL・ダミアンがヘッドで落としたボールを家長昭博が蹴り込み、追加点を奪った。

 前半を2-0とリードして折り返した川崎は後半も攻撃の手を緩めず、49分に三苫薫のラストパスから家長が3点目をゲット。さらに73分にも三苫のアシストから家長がハットトリックとなる4点目を挙げ、ダメを押した。
 川崎は86分に今季限りで引退する中村憲剛を投入。そして90分には斎藤学が5点目をゲット。川崎がG大阪を5-0で圧倒し、ホームで3度目の優勝を決めた。

 川崎はこの試合の勝利で、4試合を残してのJ1リーグ史上最速Vだけでなく、シーズン最多勝点(75)、同最多勝利(24)も更新している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】川崎フロンターレが圧倒的な強さで史上最速優勝達成! 歴史に名を刻んだV戦士を一挙に紹介!

関連記事(外部サイト)

×