【川崎】「サッカーって難しい」史上最速優勝の会見で齋藤学が明かした本音。「あんな何分かの出場で…」

【川崎】「サッカーって難しい」史上最速優勝の会見で齋藤学が明かした本音。「あんな何分かの出場で…」

優勝を決めたG大阪戦の試合終了間際に、今季リーグ戦初ゴールを奪った齋藤。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 11月25日、川崎フロンターレはJ1第29節でガンバ大阪をホームに迎え、5−0で大勝。この結果4試合を残し、史上最速で2シーズンぶり3度目の優勝を決めた。

 ゲームが動いたのは22分。登里享平のクロスからレアンドロ・ダミアンが合わせ先制に成功する。これで俄然勢いに乗った川崎は45分、49分、73分と家長昭博が立て続けにゴールを奪いハットトリックを達成。

 さらに90分には途中出場の齋藤学も今季リーグ戦初ゴールを決め、完全に勝負あり。2020年の川崎の強さを象徴するかのような会心の試合運びで、見事に“覇権奪回”を果たした。

 試合後の会見に現れたMF齋藤は冒頭、「嬉しい」と率直な一言。ただ続けて「大分で決められなかったのは、僕としては悔しい思いが強かった」と口にし、前節勝てば優勝が決まる状況のなか、敵地で大分トリニータに敗れたことに対し、改めて悔しさをにじませた。

 横浜F・マリノスから加入3年目を迎え、30歳となった今季、先発はわずか10試合と出場機会は思うように伸ばせていない。ただそうしたなかでも、優勝の瞬間をピッチで迎えることができた。そこに対しては、「一丸」という言葉を用いながら、以下のようにスタッフへ感謝の思いを伝えている。
 
「出られない時間がすごく多かったが、そこで腐らずにしっかりとトレーニングを重ねたことが、今こうやってピッチに立てている1つの要因ではあると思う。ベンチ外の選手も含め、このチームは全員が意識を高くやれている。あとはコーチングスタッフも含めて、出られない時間にすごく対話をしてくれて、腐らないように持っていってくれて、コンディション上げさせてくれたのはやっぱりスタッフの力だと思う。そういうのも含めて、色んな人たちが一丸となって取れたタイトル」

 また会見では、86分から出場し、ついに生まれたリーグ戦初ゴールにも言及。ノーゴールが重荷になっていたことも明かし、しみじみと喜びを伝えている。

「サッカーって難しい。長い時間出ているときにはなかなか点取れなくて、今年はリーグで点取れないことが重荷になっていたが、あんな何分かの出場で1点取れるって。運もあるが、本当にチームメイトに感謝してこのゴールは喜びたいと思う」

 「もっともっと自分のプレーは出したかった」とも話した齋藤。ただ、史上最速の優勝というだけあって、まだ今季は4試合も残しており、その先には天皇杯も待ち構えている。優勝の余韻に浸るにはまだ早い。残り試合での背番号19の活躍に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)