「出番を増やしたいならピッチで示せ」“渦中”の久保建英のELスタメンをスペイン各紙が予想!「日本では木曜が新しい土曜だ」との皮肉も…

「出番を増やしたいならピッチで示せ」“渦中”の久保建英のELスタメンをスペイン各紙が予想!「日本では木曜が新しい土曜だ」との皮肉も…

ELで先発復帰が濃厚な久保はアピールできるか。(C)Mutsu FOTOGRAFIA



 ビジャレアルは11月26日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第4節のマッカビ・テルアビブ戦に挑む。ここまで3連勝で、このアウェーゲームに勝てば、決勝トーナメント進出が決定する。

 このゲームで、俄然注目を集めているのが久保建英だ。89分からの出場となった21日のレアル・マドリー戦(ラ・リーガ第10節)を受けて、スパインでは「クボが冬の移籍市場でビジャレアル退団を検討している」との報道が過熱しているのだ。

 スペイン紙『MARCA』は、マッカビ・テルアビブ戦で久保が4−3−3の右ウイングで先発すると予想。この日本の至宝が、「国内リーグではベンチに追いやられているため、冬の移籍市場での退団を除外していない」としてうえで、こう続けている。

「より多くの出場時間を得るための唯一の有効な要求は、ピッチの上でやらなければならない。現在のところ、あまり多くの出番がないのは事実だが、スタメンの権利を獲得するために何が必要かを示せていない」

【動画】華麗なダブルタッチも…久保建英、痛恨の決定機逸シーンはこちら
 また、『AS』紙も、4−3−3の左ウイングでのスタメン入りを予測。「クボがスターティングイレブンに戻る」と見出しをつけて報じている。そのなかで、「ラ・リーガは日本の視聴者を意識して、ビジャレアルにキックオフ時間などを考慮してきたが、国内リーグではスタメンが1試合しかないため、(ELが開催される)木曜日が(日本にとって)新しい土曜日だ」と皮肉交じりに伝えている。

「マドリー戦で出番が限られ失望させられた」(『AS』紙)久保は、ここまで1ゴール・3アシストをマークしているELの舞台で再び輝けるか。注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)