最新FIFAランク、日本は27位で変わらずアジア首位確保。今月対戦したメキシコがトップ10入り!

最新FIFAランク、日本は27位で変わらずアジア首位確保。今月対戦したメキシコがトップ10入り!

最新のランキングで27位となった日本代表。前回10月と順位は変わらなかった。(C) JFA



 FIFA(国際サッカー連盟)は11月27日、最新の世界ランキング(男子)を発表した。日本は、前回10月の発表から順位に変動はなく27位となっている。
 
 今月の国際親善試合でパナマに1-0で勝利を収め、メキシコに0-2で敗れた日本は、前回の27位から順位が変わることはなかった。依然としてAFC(アジア・サッカー連盟)勢トップの座を堅持した。アジアのトップ5にも変動はなかった。
 
 一方、上位陣では6位のスペインまでに順位変動はなかったものの、7位以下は激しく順位が入れ替わっている。今月オーストリアで日本が対戦したメキシコは、2つランクを上げて9位とトップ10入り。パナマは78位。また、ベルギーは2018年9月から2年2か月にわたり首位をキープしている。
 
 最新FIFAランキングの上位30傑とAFCのトップ10は以下の通り。
 
1 ベルギー
2 フランス
3 ブラジル
4 イングランド
5 ポルトガル
6 スペイン
7 アルゼンチン
8 ウルグアイ
9 メキシコ
10 イタリア
11 クロアチア
12 デンマーク
13 ドイツ
14 オランダ
15 コロンビア
16 スイス
17 チリ
18 ウェールズ
19 ポーランド
20 セネガル
20 スウェーデン
22 アメリカ
23 オーストリア
24 ウクライナ
25 ペルー
26 チュニジア
27 日本
28 ベネズエラ
29 イラン
30 セルビア
 
AFC10傑
27 日本
29 イラン
38 韓国
41 オーストラリア
59 カタール
67 サウジアラビア
69 イラク
74 UAE
75 中国
76 シリア
 

関連記事(外部サイト)