3位・名古屋、ホームで大分に勝ち切れずスコアレスドロー… AT男・マテウスの強烈ショットも及ばず

3位・名古屋、ホームで大分に勝ち切れずスコアレスドロー… AT男・マテウスの強烈ショットも及ばず

名古屋はホームに大分を迎えた一戦をドローで終えた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 J1リーグは11月28日、各地で30節の2試合を開催。パロマ瑞穂陸上競技場で行なわれた名古屋グランパス対大分トリニータの一戦は、0-0の引き分けに終わった。

 試合は、互いに堅い守りを見せ、ゴールが遠い展開に。前半をスコアレスで折り返すと、後半もともにゴール前へ攻め込むものの得点には至らない。名古屋は終盤、アディショナルタイムにめっぽう強いマテウスが強烈なシュートで積極的にゴールを狙うも、ネットを揺らすには至らず。

 逆に大分は後半アディショナルタイムに三竿雄斗が決定的なヘディングシュート。しかし、ここは名古屋守護神ランゲラックがファインセーブで凌ぐ。結局、試合は0-0でタイムアップ。ともに勝点1を積み上げた。3位の名古屋は勝点を56とし、2位のガンバ大阪と勝点2差とした。大分は同37となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)