【画像】「自分にはサッカー以上の存在、残念だ…」イブラヒモビッチがマラドーナへの想いを告白「10番の象徴だった」

「自分にはサッカー以上の存在、残念だ…」イブラヒモビッチがマラドーナへの想いを告白「10番の象徴だった」

自らを神と呼ぶイブラヒモビッチ(右)にとっても、マラドーナ(左)の存在は特別だったようだ。(C)Getty Images

この写真の記事を読む