「エイバルにはいなかったタイプだ」リーガ初ゴールの武藤嘉紀を現地メディアが絶賛!「洗練されたクオリティーをみせた」

「エイバルにはいなかったタイプだ」リーガ初ゴールの武藤嘉紀を現地メディアが絶賛!「洗練されたクオリティーをみせた」

ついにリーガ初ゴールを奪った武藤(奥)。(C) Getty Images



 現地時間11月30日に開催されたラ・リーガ第11節で、武藤嘉紀と乾貴士が所属するエイバルが、乾の古巣でもあるベティスと敵地で対戦。2−0の完封勝ちを飾っている。

 快勝の立役者となったのが、1トップで2試合連続のスタメンを飾った武藤だ。スコアレスで迎えた49分、ブライアン・ヒルのCKをエスタバン・ブルゴスが頭でコースを変えたところを見事に反応。左足で合わせ、ゴールにねじ込んでみせた。

 出場8試合目にして待望のリーガ初ゴールを決めた日本代表FWを、現地メディアも称賛。スペイン全国紙の『MARCA』は、星2つ(星3つが最高)の評価を与え、「ムトウは9日前のヘタフェ戦でも目覚ましいパフォーマンスを見せたが、彼の良いプレーを確かなものにするためのゴールが必要だった」として、こう続けている。

【動画】見事な得点嗅覚!武藤が決めた待望のラ・リーガ初ゴールはこちら
「彼が(ホセ・ルイス・)メンディリバル監督のチームに加わることは困難だったが、少しずつ快適にプレーしている。これまでこの指揮官が抱えていたFWとはタイプが異なり、スペースでダメージを与える能力と洗練されたテクニックのクオリティーを備えている」

 なかなか、結果が出なくても我慢して使い続けてくれた指揮官の期待に応え、見事に初ゴールを奪った武藤。今後の活躍から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)