「初ゴールおめでとぉ」「次もガンバって」中村敬斗が投稿した移籍後初ゴール動画をファンも称賛

「初ゴールおめでとぉ」「次もガンバって」中村敬斗が投稿した移籍後初ゴール動画をファンも称賛

12試合ぶりの出場で待望の初ゴールを記録した中村。(C)STVV



 ベルギーのシント=トロイデン(STVV)に所属する中村敬斗は12月3日、自身のインスタグラムを更新。ベルギー・リーグ第11節・ムスクロン戦で決めた移籍後初ゴールの喜びと決意を投稿した。

 中村は2019年の夏にガンバ大阪からオランダのトゥベンテに期限付き移籍。今年6月にその移籍期間が終了し、チーム5人目となる日本人選手としてSTVVにレンタル加入していた。

 そのSTVVは12月1日に敵地でムスクロンと対戦。GKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が先発し、中村はベンチスタートとなった。

 78分に投入された中村は12試合ぶりの出場ながら、軽快な動きを見せると、アディショナルタイムに鈴木がヘディングで落としたボールにペナルティエリア内で反応。冷静にボールを持ち換えてシュートコースを作ると、右足でゴール左に流し込み2-3と1点差に迫るゴールを決めた。中村はSTVV移籍後初ゴールをマークするが、チームは2-3で敗れている。
 
 試合翌日に自身のインスタグラムを更新した中村は、「STVVでの初ゴール。しかし、重要なことは試合に勝つことです、私たちは次のゲームには必ず勝ちます」とコメントし自身の得点シーンの動画を投稿した。

【動画】中村敬斗が投稿したベルギー・リーグ初得点!

 この投稿にファンも反応し、「ナイスゴール」「初ゴールおめでとぉぉ」「やっぱ上手いわー」「次もガンバって」「出ればやってくれる選手!」など多くの称賛が送られた。

 現在ベルギー・リーグで18チーム中、17位と降格圏に沈んでいるSTVV。移籍後初ゴールを決めた若武者は、苦境に立たされているチームにとっての救世主となれるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)