「マラドーナが乗り移った」堂安律のキレッキレドリブル→絶妙股抜き弾にファン興奮!本人は「自信を取り戻した」

ビーレフェルト堂安律が1ゴール1アシスト ドリブルからの股抜き弾にファン興奮

記事まとめ

  • 堂安律が所属するビーレフェルトがブンデスリーガ第10節でマインツと対戦し勝利した
  • 31分、堂安は敵に囲まれながらも巧みな切り返しでマーカー2人を翻弄し、今季2点目
  • SNSには「マラドーナ乗り移ってて草」といった興奮の声が寄せられた

「マラドーナが乗り移った」堂安律のキレッキレドリブル→絶妙股抜き弾にファン興奮!本人は「自信を取り戻した」

「マラドーナが乗り移った」堂安律のキレッキレドリブル→絶妙股抜き弾にファン興奮!本人は「自信を取り戻した」

キレッキレのドリブルから鮮やかなゴールを奪った堂安。(C)Getty Images



 現地時間12月5日、堂安律が所属するビーレフェルトがブンデスリーガ第10節でマインツと対戦し、2-1で勝利。連敗をついに「7」でストップさせた。

 8試合ぶりの白星奪取の立役者となったのが、堂安律だ。まずは21分、ペナルティエリア内で味方からのハイボールを上手く収め、中央のマヌエル・プリートルへラストパス。強烈なミドルシュートによる先制点をアシストする。

 圧巻だったのが31分だ。ショートカウンターで味方からパスを受けると、ゴール前へ一気に持ち上がり、敵に囲まれながらも巧みな切り返しでマーカー2人を翻弄。シュートコースを作ると、得意の左足でDFの股を抜く絶妙のコントロールショットを決めてみせた。圧巻の一撃は、4節のバイエルン・ミュンヘン戦以来、今シーズン2点目となった。
 
 1ゴール・1アシストと躍動した堂安に、現地や日本のファンも興奮。SNSには「4人に囲まれながらのこれはスゴい」「マラドーナ乗り移ってて草」「圧倒的MOM」「Ritsuuuuuuu」といった興奮の声が寄せられているほか、ドイツ紙『Bild』でも「ゴールとアシスト!グレート、ドウアン」と日本代表の活躍を伝えている。

 試合後には「勝点3も取れたし、ゴールとアシストで貢献できたことはとても嬉しい。これで自信を取り戻し、今後さらに強くなっていく」とコメントした堂安。今後の活躍にますます注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】圧巻の個人技炸裂!圧巻ドリブルから左足で奪った堂安の今季2点目はこちら!

関連記事(外部サイト)