「ルカクに吹き飛ばされた」2失点に絡んだ冨安健洋を伊メディアがこぞって酷評。「悪い意味での主役」

「ルカクに吹き飛ばされた」2失点に絡んだ冨安健洋を伊メディアがこぞって酷評。「悪い意味での主役」

インテル戦で厳しい結果に終わった冨安。 (C)Getty Images



 冨安健洋が所属するボローニャは12月5日、セリエA第10節でインテルと敵地で対戦し、1-3で敗れた。冨安は3バックの左CBとして先発フル出場している。

 ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督は、今季初めて3バックにシステムを変えて試合に臨んだ。だが、16分と早い時間帯に、ペナルティーエリアの中でマークに付いていた冨安をなぎ倒したロメル・ルカクに先制点を献上した。

『TUTTOmercatoWEB』などによると、冨安は試合前にイタリア『DAZN』で「ルカクは素晴らしい選手だ。強くて速い。僕らは頭を使わなければならない。全員で一緒に守らなければいけない」と話していた。だが、そのルカクに見事にやられたかたちだ。

 さらに、ボローニャは前半終了間際にもアシュラフ・ハキミに追加点を許す。背後のスペースを突かれた冨安が、浮き球を阻もうと懸命に跳んだものの届かず。裏に抜けたハキミに決められる。

 後半に1点を返したボローニャだが、70分にもハキミにこの日2点目となるゴールを許して万事休す。前節で連続失点をようやく止めたボローニャだったが、3ゴールを許して今季6敗目を喫した。

 失点場面に関与しただけに、冨安には厳しい評価が下されている。

【動画】冨安が目の前でゴールを許した失点シーン
 特に厳しかったのは、ボローニャ専門サイト『bologna sport news』の4点。チームワーストタイの採点で、「先制点ではルカクの犠牲者に。リーグ最高のFWとの勝負に耐える準備ができていないことが裏付けされた。CBでプレーするにはフィジカル、経験、マリーシアが足りない」と酷評された。

 TUTTOmercatoWEB も、やはりチームワーストタイの4.5点だ。「彼の最高の夜ではなかった。ルカク相手のボディチェックでは、センターを抑えなければいけないスモールフォワードのように、うまくいかずにコンタクトを失った」と手厳しい。

 同じくチームワーストタイの4.5点をつけた『Sport Mediaset』は、「インテルの前半の2点における悪い意味での主役。ゴール前での肉弾戦でルカクに吹き飛ばされ、ハキミには裏を取られて、アクロバティックに防ごうとするも及ばず」とこき下ろした。

『Calciomercato.com』の寸評は、「エリア中央でルカクのフィジカルに無力化された。ルカクが彼のマークを外して先制点」。採点は5点で、同じ点数が複数名いたものの、やはりチームワーストタイだった。

 イタリアで着実に評価を高めてきた冨安だが、リーグ屈指のワールドクラスのストライカーを擁するインテル攻撃陣に屈した。13日の次節でも強豪ローマと対戦するだけに、切り替えてほしいところだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

関連記事(外部サイト)