【高校サッカー勢力図】2020選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング!! あなたの出身地は何位?

【高校サッカー勢力図】2020選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング!! あなたの出身地は何位?

優勝候補筆頭の青森山田(青森)、2年ぶりの日本一なるか。(C)SOCCER DIGEST



 高校生の檜舞台、第99回全国高校サッカー選手権大会が12月31日に開幕する。2020年は新型コロナウイルスの影響で夏のインターハイが中止となるなど、高校生プレーヤーにとっては苦難の1年となったが、辛く長い道のりを乗り越え、代表校の座を掴み取った48チームが今年もしのぎを削る。

『高校サッカーダイジェスト』では開幕に先駆け、出場48校の情報が満載の『第99回全国高校サッカー選手権名鑑』を12月8日より発売中だ。本稿では、この選手名鑑の作成に際し、各校にご協力いただいたアンケートから全1440選手の出身地を集計。今回最も選手権出場者を輩出したのはどの地域なのか。ランキング形式で紹介する。

――◆――◆――

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新・本田望結まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
第99回 全国高校サッカー選手権
出身都道府県別 出場選手数ランキング(1位〜7位)
※( )内は地元代表校の選手数

1位:東京……94人(41人)昨年1位→
2位:大阪……87人(20人)昨年3位↑
3位:埼玉……71人(22人)昨年6位↑
4位:愛知……64人(23人)昨年5位↑
5位:神奈川……58人(24人)昨年2位↓
6位:兵庫……54人(23人)昨年7位↑
7位:千葉……40人(13人)昨年23位↑
   三重……40人(30人)昨年23位↑
   愛媛……40人(30人)昨年18位↑
   鹿児島……40人(29人)昨年26位↑

 今年も、唯一2校が出場できる東京がトップとなった。2位には他県への選手輩出が東京よりも多い大阪が入り、埼玉と愛知がトップ5に躍り出ている。ともに地元代表校の選手が特別多いというわけではなく、県外の強豪校に進学し、自身に試練を課す選手が増加しており、それだけ人材が豊富ということだろう。一方で、神奈川は昨年の2位から5位へとランクダウン。2位の大阪とは30人近い差が生まれている。

 また千葉、三重、愛媛、鹿児島が40人で7位に並んだ。いずれも昨年と比べ大きくジャンプアップを果たしており、年々優秀な人材を増やし続けている。
 

第99回 全国高校サッカー選手権
出身都道府県別 出場選手数ランキング(11位〜30位)
※( )内は地元代表校の選手数

11位:福岡……39人(15人)昨年4位↓
12位:北海道……35人(29人)昨年12位→
    群馬……35人(30人)昨年37位↑
    熊本……35人(24人)昨年15位↑
    沖縄……35人(30人)昨年9位↓
16位:岩手……34人(30人)昨年21位↑
    島根……34人(30人)昨年39位↑
18位:静岡……31人(20人)昨年41位↑
    広島……31人(27人)昨年11位↓
20位:富山……30人(29人)昨年18位↓
21位:山形……29人(29人)昨年20位↓
    京都……29人(11人)昨年32位↑
23位:福井……28人(25人)昨年30位↑
    香川……28人(20人)昨年17位↓
25位:徳島……27人(18人)昨年23位↓
    大分……27人(21人)昨年21位↓
27位:秋田……25人(22人)昨年29位↑
28位:岐阜……23人(17人)昨年37位↑
29位:佐賀……22人(15人)昨年41位↑
30位:茨城……21人(4人)昨年9位↓
    山口……21人(16人)昨年35位↑

 12位・北海道から21位・山形までの10地域の代表校は、メンバー(各校30名)の大部分を地元出身者が占めており、順位を上昇させているひとつの要因となっている。

 なかでも前橋商(群馬)、那覇西(沖縄)、遠野(岩手)、大社(島根)の4校はオール地元出身者で、他地域の選手に頼らずにどこまで今年の戦国トーナメントを勝ち上がることが出来るのか、注目ポイントのひとつとなりそうだ。

第99回 全国高校サッカー選手権
出身都道府県別 出場選手数ランキング(32位〜47位)
※( )内は地元代表校の選手数

32位:石川……20人(14人)昨年30位↓
    長崎……20人(17人)昨年46位↑
    宮崎……20人(19人)昨年26位↓
35位:長野……19人(15人)昨年26位↓
    滋賀……19人(15人)昨年8位↓
37位:福島……18人(15人)昨年44位↑
38位:宮城……14人(3人)昨年39位↑
    奈良……14人(4人)昨年15位↓
    高知……14人(10人)昨年12位↓
41位:新潟……13人(8人)昨年33位↓
    岡山……13人(8人)昨年33位↓
43位:青森……11人(5人)昨年41位↓
    和歌山……11人(7人)昨年12位↓
45位:山梨……9人(4人)昨年47位↑
    鳥取……9人(9人)昨年45位→
47位:栃木……8人(6人)昨年36位↓

 昨年トップ10だった滋賀が35位と大幅にランクダウン。去年は他県への人材輩出数が12名だったのに対し、今年は4名と下がったことが順位に影響した。奈良、高知、和歌山も大きく順位を落としているが、同じ要因が挙げられる。

 また43位の青森山田(青森)や47位の矢板中央(栃木)、  45位の山梨学院(山梨)と米子北(鳥取)、41位の帝京長岡(新潟)といった優勝候補の一角とされる代表校や歴史のある強豪校には、選手権の舞台を夢見る県外からの選手が多く集まる傾向にあり、地元出身者の割合が極めて低くなる。この結果が順位にも表われている。

 今年の選手権は開会式や開幕戦を行なわず、31日から1回戦が一斉に開催される。激動の1年を締めくくる埼玉スタジアムでの決勝を制し、99代目チャンピオンに座に輝くのは果たして――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)

×