レバンドフスキが年間MVP、ソン・フンミンがプスカシュ賞に!最優秀監督やベスト11などFIFAアウォーズの全受賞者を一覧

レバンドフスキが年間MVP、ソン・フンミンがプスカシュ賞に!最優秀監督やベスト11などFIFAアウォーズの全受賞者を一覧

ただ一人、チューリヒの会場に登場したレバンドフスキ。 (C)Getty Images



 現地時間12月17日、2020年のFIFA年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」がオンライン形式で開催された。

 注目の最優秀選手賞は、男子がエースとしてバイエルンにブンデスリーガ、DFBカップ、チャンピオンズ・リーグ(CL)の3冠をもたらしたロベルト・レバンドフスキが初受賞。一方の女子は、リヨンのCL5連覇に貢献したルーシー・ブロンズ(現マンチェスター・シティ)が、イングランド人として初めて選出されている。

 同じく最優秀GKも、欧州王者の守護神をセレクト。男子はバイエルンのマヌエル・ノイアー、女子はリヨンのサラ・ブアディがそれぞれ初めての栄冠に輝いた。

 男子の最優秀監督は、リバプールで30年ぶりのトップリーグ制覇を成し遂げたドイツの熱血漢ユルゲン・クロップが2年連続の授与。女子は、2019年のワールドカップで準優勝に導くなどオランダ代表を躍進させたサリナ・ウィッグマンが、初受賞を果たしている。

 もっとも優れたゴールを決めた選手が栄誉を得るプスカシュ賞の手にしたのは、トッテナムで躍動するソン・フンミン。昨シーズンのバーンリー戦で決めた約70メートルの独走弾が選ばれた。

【動画】年間最優秀ゴールに選出!ソン・フンミンが決めた衝撃の「70メートル独走弾」はこちら
 以下が男女のベストイレブンを含めた受賞者の一覧だ。

◇最優秀選手賞
男子:ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表)
女子:ルーシー・ブロンズ(リヨン→マンチェスター・C/イングランド代表)

◇最優秀GK賞
男子:マヌエル・ノイアー(バイエルン/ドイツ代表)
女子:サラ・ブアディ(リヨン/フランス代表)

◇最優秀監督賞
男子:ユルゲン・クロップ(リバプール)
女子:サリナ・ウィッグマン(オランダ代表)

◇フェアプレー賞
マッティア・アグネーゼ(オスペダレッティ/イタリア) ※ヘディング時の衝突で意識を失った相手選手の命を救う。

◇プスカシュ賞
ソン・フンミン(トッテナム/韓国代表)

◇ファン賞
マリバルド・フランシスコ・ダ・シルバ(スポルチ・レシフェのファン)※60キロ歩いてホームゲームを観戦
◇ベストイレブン
【男子】
■GK
アリソン(リバプール/ブラジル代表)

■DF
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド代表)
フィルジル・ファン・ダイク(リバプール/オランダ代表)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン代表)
アルフォンソ・デイビス(バイエルン/カナダ代表)

■MF
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/ドイツ代表)
ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C/ベルギー代表)
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン→リバプール/スペイン代表)

■FW
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表)
クリスチアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル代表)
 
【女子】
■GK
クリスティーネ・エンドレル(パリ・サンジェルマン/チリ代表)

■DF
ミリー・ブライト(チェルシー/イングランド代表)
ルーシー・ブロンズ(リヨン→マンチェスター・C/イングランド代表)
ワンディ・ルナール(リヨン/フランス代表)

■MF
バルボサ・ボナンセア(ユベントス/イタリア代表)
ベロニカ・ボケーテ(ユタ・ロイヤルズ→ミラン/元スペイン代表)
デルフィーヌ・カスカリーノ(リヨン/フランス代表)

■FW
ペルニレ・ハルダー(ヴォルフスブルク→チェルシー/デンマーク代表)
トビン・ヒース(ポートランド→マンチェスター・U/アメリカ代表)
フィフィアネ・ミデマー(アーセナル/オランダ代表)
ミーガン・ラピノー(レインFC/アメリカ代表)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)