鹿島、終盤の猛攻も実らず1-1ドロー…C大阪がACL出場に望みをつなぐ4位を確定

鹿島、終盤の猛攻も実らず1-1ドロー…C大阪がACL出場に望みをつなぐ4位を確定

前節二けたの大台に乗せた上田が突破を図る。しかし、この日はネットを揺らすことはできなかった。写真:滝川敏之



 J1リーグは12月19日、最終節の9試合を14時からの同時刻で開催。県立鹿島サッカースタジアムでは、5位の鹿島アントラーズと4位のセレッソ大阪の一戦が行なわれ、1対1の引き分けに終わった。

 試合は互いに相手の堅守を破れないまま膠着した展開に。前半を0-0で折り返し、後半もスコアレスで推移。勝負は終盤戦へと持ち込まれる。

 すると83分、C大阪は柿谷曜一朗のシュートのこぼれ球に反応した松田陸が押し込み、ネットを揺らす。C大阪が均衡を破った。

 鹿島もあきらめない。このままC大阪の勝利が濃厚かに思われた90分、エヴェラウドが同点弾を叩き込む。試合を土壇場で振り出しに戻した。

 鹿島は最後まで猛攻を仕掛け、ラストプレーで決定機も迎えるが、シュートは無情にもポストに弾かれ、万事休す。試合はこのまま1-1でタイムアップ。ともに勝点1を積み上げ、順位は変わらず。他会場では3位の名古屋グランパスがサンフレッチェ広島を破ったため、名古屋のACL出場権獲得が確定。4位が確定したC大阪は、天皇杯でJ1の川崎フロンターレかガンバ大阪が優勝した場合のみ、出場が決まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)