【選手権】開幕目前! 編集部が厳選した大会を彩る“ダイヤの原石”たちを一挙紹介!〜FW編

【選手権】開幕目前! 編集部が厳選した大会を彩る“ダイヤの原石”たちを一挙紹介!〜FW編

小見洋太(昌平/写真左上)、福田師王(神村学園/写真右上)、ア山友太(米子北/写真左下)、木原励(京都橘/写真右下)。(C)SOCCER DIGEST



 12月31日、いよいよ第99回全国高校サッカー選手権が幕を開ける。2020年は新型コロナウイルスが世界を揺るがし、史上初めてインターハイが中止となるなど高校サッカー界も大打撃を受けた。そんななかでも辛く長い苦難の道のりを乗り越え、各地域を勝ち上がった48校が今年も鎬を削る。
 
 本稿では選手権開幕に先駆け、高校サッカーダイジェスト編集部が厳選した今大会必見の注目プレーヤーを紹介。将来有望なダイヤの原石たちは、高校年代の頂点を決めるビッグトーナメントでいったいどんなプレーを見せてくれるのか。まずはFW編から始めよう。

【選手権PHOTO】編集部が厳選したFW編全10選手を総チェック!
 
【高校サッカーダイジェスト厳選/選手権注目タレント】
Part.1 FW編
 
FILE1
笠井佳祐
かさい・けいすけ
関東一(東京)/3年
都予選は5戦連発で8ゴールを叩き出した。「前を向いたときに自分の力が一番出ると思っている」と話すFWは、個でペナルティーエリアを攻略するドリブルと得点力が魅力だ。CBとボランチの経験者で守備にも定評がある。
 
FILE2
閑田隼人
かんだ・はやと
広島皆実(広島)/3年
県予選では6試合で7得点をマーク。前線でボールをキープし、周囲と巧妙に連動してDF裏へ抜け出して、正確無比なシュートを蹴り込む。迫力が増した皆実のエースが、選手権初戦で青森山田の鉄壁守備をこじ開ける。
 
FILE3
福田師王
ふくだ・しおう
神村学園(鹿児島)/1年/U-16、U-17日本代表
有村監督が「あんな選手、なかなかいないです」と評するバネの持ち主。将来を見据えて重ねてきたチューブトレーニングの成果もあり、圧巻とも言える高打点のヘッドを撃ち込む。1年生ながら得点王争いに名乗りも。
 
FILE4
小見洋太
こみ・ようた
昌平(埼玉)/3年/U-18日本代表、新潟加入内定
動き出しの質がきわめて高く、 昌平随一の体力で絶えずラインブレイクを試み、角度のない位置からでも豪快なシュートを撃ち込んでくる。足下の技術に優れ、守備での貢献度も高い。独特すぎる助走のPKにも注目だ。
 
FILE5
木原 励
きはら・れい
京都橘(京都)/2年/U-17日本代表
1メートル80センチの長身と圧巻のスピード&テクニックを兼備する大器だ。貪欲にシュートを放ってゴールを連発し、活動が本格再開された夏以降にグッと注目度を高めた。先輩・西野との2トップは今大会随一の破壊力を誇る。



FILE6
吉倉昇空
よしくら・のあ
富山一(富山)/3年
技術力の高さ、しなやかな動きが印象的な長身ストライカーだ。柔らかいボールキープで敵マーカーの逆を取り、巧みにシュートへ持ち込む。前回大会は3戦先発も無得点。捲土重来を期す今大会でラッシュを決め込むか
 
FILE7
西野太陽
にしの・たいよう
京都橘(京都)/3年/徳島加入内定
この1年で凄みが増した万能型ストライカーだ。数的不利な状況でも個で難局を打開して強烈な一撃を敵ゴールにお見舞いする。堅実なポストワークや連続した守備でも存在感。「ずっと憧れ」という得点王、日本一へ。
 
FILE8
小屋諒征
こや・りょうせい
佐賀東(佐賀)/3年
蒲原監督が率いる日本高校選抜候補に入り、前回大会のヒーローたちとプレー。「一つひとつの質が違っていて良い経験に」とその学びを活かし、突破、スルーパス、シュートに磨きがかかる。左サイドから果敢に狙う
 
FILE9
千葉大護
ちば・だいご
星稜(石川)/3年
強力攻撃陣を引っ張るCFは、前線で献身的に動いてボールを収め、攻撃に深みをもたらす。 今予選は1得点も準決勝で2アシスト、決勝でもDF2人をかわして先制点の起点となるなどエースとしての仕事を全うした
 
FILE10
ア山友太
さきやま・ゆうた
米子北(鳥取)/3年
1年時に選手権1回戦で決勝点を決め、昨夏のインターハイではハットトリックも記録した沖縄出身の点取り屋。得点センスが冴えるエースは、最後の選手権でチーム最高の4強以上へ導けるか。2人の兄も米子北出身だ。
 
構成●高校サッカーダイジェスト編集部

【選手権PHOTO】編集部が厳選したFW編全10選手を総チェック!

関連記事(外部サイト)

×