【C大阪】来季の新監督にレヴィー・クルピ氏の再就任を発表! 香川真司らを育て上げた名将にクラブが期待することは?

【C大阪】来季の新監督にレヴィー・クルピ氏の再就任を発表! 香川真司らを育て上げた名将にクラブが期待することは?

C大阪が来季の新監督としてレヴィー・クルピ氏が就任することを発表した。(C)SOCCER DIGEST



 セレッソ大阪は12月20日、今季限りでの退任が発表されているロティーナ監督の後任として、来季からレヴィー・クルピ氏が新指揮官に就任することを発表した。

 ブラジル出身のクルピ氏は、かつて1997年と、2007年から2011、2012年から2013年の3度C大阪を指揮。当時18歳だった香川真司など若手を積極的に起用し、攻撃的なサッカースタイルで、2009年にはJ1昇格へと導いた。翌年にはJ1でクラブ史上最高順位の3位に入り、初のACL出場権を獲得するなど結果を残したのち、クラブの方針により2013シーズン限りで退任している。
 
 その後、母国ブラジルのクラブの監督を経て2018年にはガンバ大阪を指揮。しかしリーグ戦17試合で16位と成績が振るわず、シーズン途中での解任となっている。

 森島寛晃社長はクラブのYouTubeチャンネルにて、サポーターに向けて今回の決定理由についてコメント。「C大阪を存続していくためにも、若い選手を積極的に起用していただき、代表選手の輩出してもらうなど、育成部分を期待したい」と説明している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)