【月間表彰】川崎のルーキー三笘薫が衝撃の“66.8m独走アシスト”と今季を語る!「MVP? ちょっときついです」

【月間表彰】川崎のルーキー三笘薫が衝撃の“66.8m独走アシスト”と今季を語る!「MVP? ちょっときついです」

11月のベストアシストを受賞した三笘。(C)SOCCER DIGEST



 DAZNとパートナーメディアによって立ちあげた「DAZN Jリーグ推進委員会」が行なっているのが、「Jリーグ月間表彰」企画だ。スポーツ・サッカー専門メディアが独自の視点で、その月に印象的な活躍を見せた選手やチームを表彰する同賞。サッカーダイジェストWebは「Jリーグ月間ベストアシスト」を毎月選出している。

 その3回目となる11月のベストアシストには、第30節の横浜F・マリノス戦で、川崎フロンターレの三笘薫が小林悠のダメ押し点をお膳立てした「66.8メートルの独走ドリブルからのラストパス」を選出した。リーグ制覇の原動力のひとりとなった大卒ルーキーは、あの瞬間、どんなことを考えていたのか。今シーズンとともに本人に振り返ってもらった。

―――◆―――◆―――

【動画】三笘薫が披露した衝撃の“66.8m独走アシスト”はこちら!
――横浜F・マリノス戦の小林選手へのアシストが、「DAZN Jリーグ推進委員会」が選出する「月間ベストアシスト」に選ばれました。

「嬉しいです。あのアシストに自分のプレーのほとんどが詰まっていると思うので。自分の特長が活きたプレーでしたし、悠さんが決めてくれたからこその価値のあるアシストになったと思うので、感謝したいです」

――あのシーンを振り返ってください。自陣でクリアボールを収めた時に最初からあのドリブルコースを考えた?

「全く考えてなくて、まずボールが来た時に右にスペースがあったのでリスクを避けようとしてドリブルをスタートして、渡辺(皓太)選手がどれだけ付いて来るかなというのはありましたけど、まず前に運んでリスクを避けようというのを第一優先に考えていました。相手が2人くらい寄せてくれば、蹴り出してスローインにしたり、前に蹴って悠さんにパスをしたりという選択肢もありましたが、あまり来なかったのでそのまま前に運んでいきました。

 そしたら、サポーターの声援が結構聞こえて、これはもう行けって事なんだなと。その時にチアゴ(・マルチンス)選手が来たので一か八かなところもありましたけど、ひとつはがせればゴール前に行けたので、自然と股抜きで入れ替わりました。その後はシュートも考えてて、左に行った時に撃てれば良かったんですが、相手DFが詰めて来たので、フリーになった悠さんに出せて良かったなと思います」

――シュートも考えたけど、関節視野で小林選手も入ってた?

「(中央に)悠さんがいて、DFがどれだけ寄せてくるかを見ていたんですけど、けっこう早めに来たので、これはパスした方が良いなと思ってパスを選びました」

――絶妙なパスでしたね。

「あれは相手に当たってちょうど良く悠さんの足下に行ってるので、たまたまですね」

――狙い通りではなかった?

「狙い通りではあるんですが、さらに上手く足に当たってスリップしてスピードが上がったような感じだったので、それは悠さんの余裕を生むには良かったと思います」

――チアゴ選手は行ってみようという感じで抜きに行った?

「そうですね。運んで来たら前にチアゴ選手がいたのでそうするしかなかったという感じですかね。縦に行く選択肢もあったんですけど、渡辺選手が追って来てましたし、縦に行ってボールを見える状態でチアゴ選手と競り合う自信が無かったので股抜きしかないなと」

――そこまで考えてたんですね。

「考えたというか、一瞬で必然的に身体が動いてましたね、そういう風に」

――ゴールを決めた小林選手から何か声を掛けられた?

「覚えてないですね。普通に抱き合って、『ナイス』みたいな感じでした」

――小林選手は、「あれは薫のゴールだ」と言っていましたが。

「いや、そんな事はないです。悠さんのゴールです。決めてくれたからこそ価値のあるアシストなので。僕だったらあのゴールは決めていないですし、やっぱり悠さんだからこそだと思います」
 

――アシストへのこだわりは?

「こだわりとかは無いですけど、ゴールに繋がるのは嬉しいですね。もちろんアシストの前でもいいですし。ゴールの起点になるのでもいいですけど、アシストは価値がありますし、自分のパスからゴールが決まったら、その分嬉しさはありますね。関与した感じがすごくあるので」

――今シーズンにマークしたアシストで、他に印象に残っているものはありますか?

「やっぱりマリノス戦の印象が強いですが、あとはホームのサンフレッチェ戦(第16節)で、(レアンドロ・)ダミアンにしたアシストですかね。けっこう印象に残ってますね。(後半頭から)途中出場して2、3分ぐらいだったので、すごくチームに勢いをもたらせたというのと、ボールを受けた時に中に入ってアシストまで出来たので、より自分の形が活きたアシストでしたね」

――ルーキーイヤーでリーグ優勝。新人王はもちろんMVPに推す声もあります。

「MVPにはしてほしくないです、いやちょっときついです。出場時間も全然出てないので……。MVPに相応しい、もっと試合に出場していて貢献している選手に申し訳ないです」

――キャプテンの谷口(彰悟)選手は、「今年は(チョン・)ソンリョンか薫だと思います」と言ってました。

「それは谷口選手だから言ってくれているところはありますけど、後ろで支えてる選手がもらうべきだと思います」

――まだ天皇杯が残っていますが、今シーズンの自分のパフォーマンスを100点満点で評価すると?

「難しいですね、70点で。50点だと『お前、倍ぐらい行けたの?』って言われますし、100点は絶対ないので、70点なら安全かなと(笑)。65か70で迷ったんですけど70にします」

取材●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
協力●DAZN
 

関連記事(外部サイト)