【天皇杯準々決勝】J2王者・徳島が貫録の3−0勝利、Honda FCに前年度のリベンジ!秋田は福山シティFCを3−1で退ける

天皇杯準々決勝でJ2徳島とJ3秋田が準決勝進出 徳島は準決勝でガンバ大阪と対戦へ

記事まとめ

  • 天皇杯は23日、各地で準々決勝の2試合を開催しJ2徳島とJ3秋田が準決勝に勝ち進んだ
  • J2優勝を決めた徳島は、中3日でHonda FCを迎え撃ち3-0で勝利した
  • J3王者のブラウブリッツ秋田と福山シティFCの一戦は、3-1でJ3王者が勝利を収めた

【天皇杯準々決勝】J2王者・徳島が貫録の3−0勝利、Honda FCに前年度のリベンジ!秋田は福山シティFCを3−1で退ける

【天皇杯準々決勝】J2王者・徳島が貫録の3−0勝利、Honda FCに前年度のリベンジ!秋田は福山シティFCを3−1で退ける

徳島は鈴木徳真の2ゴールなどで準々決勝を通過!ガンバ大阪への挑戦権を得る。(C)SOCCER DIGEST



 天皇杯は12月23日、各地で準々決勝の2試合を開催。J2・徳島とJ3・秋田が準決勝に勝ち進んだ。

 コロナ禍での特殊なレギュレーションによって準々決勝からJ2、J3の優勝クラブが登場する。ノエビアスタジアム神戸で行なわれた徳島ヴォルティスとHonda FCの一戦は3−0でJ2王者が貫録を見せつけた。

 12月20日の最終節でJ2優勝を決めた徳島は、中3日でHonda FCを迎え撃った。昨年度の同大会・3回戦で対戦し、0−2で敗れた徳島にとってはJ2王者のプライドにかけても負けられない一戦となった。

 試合は、そんな徳島が決定力を見せつける。立ち上がりはHonda FCの前線からのプレッシャーに苦しむものの、42分に相手陣内右サイドでのスローインからボールを奪うと、ペナルティエリア内に侵入した鈴木徳真が右足を振り抜きゴール左のネットを揺らし1−0と先制に成功する。

 さらに50分。右サイドを突破した浜下瑛のクロスに反応した鈴木がペナルティエリア内で合わせこの日2ゴール目となるシュートを決める。さらに垣田裕暉が相手GKに倒されPKを獲得。これをキッカーの岩尾憲が決め、3−0とリードを広げた。その後もペースを握った徳島がスコアこのままにタイムアップを迎えた。

 この結果、勝利した徳島がガンバ大阪が待ち受ける準決勝へ進出している。
 
 準々決勝のもうひとつ、ユアテックスタジアム仙台で行なわれたJ3王者のブラウブリッツ秋田と福山シティFCの一戦は、3−1でJ3王者が勝利を収めた。

 試合は、前半から勢いに乗る秋田が14分に先制点を挙げる。右CKからの攻撃は相手守備陣に防がれるものの、前線からのプレスをかけるとMF茂平がパスカット。自ら持ち上がり右足で強烈なシュートを放つと、一度はポストに阻まれるが自ら押し込み1−0とする。

 しかし、徐々に福山シティFCに押し返されると、41分に相手FW吉井佑将の放ったシュートをGK田中雄大がファンブル。これを吉井に詰められ1−1と振り出しに戻される。それでも秋田は前半アディショナルタイムに右CKを獲得すると、味方がニアサイドでフリックしたボールにファーサイドの久富賢が反応。足下に収めたボールを倒れ込みながらゴールに押し込み2−1と勝ち越しに成功する。

 後半は相手の攻撃に晒されるものの、89分に江口直生がダメ押し弾を決め秋田が3−1で勝利を収めた。

 この結果、秋田が準決勝へ駒を進め、J1チャンピオンの川崎フロンターレへの挑戦権を獲得した。

準決勝の対戦カードは以下の通り。

準決勝:12月27日
川崎 vs 秋田
G大阪 vs 徳島

決勝:2021年1月1日

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)