【選手権展望】2回戦屈指の好カード、帝京長岡対履正社に注目! 『ストップ・ザ・青森山田』のポイントは?

【選手権展望】2回戦屈指の好カード、帝京長岡対履正社に注目! 『ストップ・ザ・青森山田』のポイントは?

Bブロックの2回戦、帝京長岡対履正社は必見。ハイレベルな一戦になりそうだ。 (C)SOCCER DIGEST



 いよいよ第99回全国高校サッカー選手権が12月31日から開幕する。2020年は新型コロナウイルスの影響で、初めてインターハイが中止となり、高円宮杯などの各リーグ戦も延期や規模縮小が余儀なくされた。そんな困難を乗り越え、各地域予選を勝ち上がった48の代表校が今年もしのぎを削る。

 本稿では、今大会のトーナメント表を4つに分け、各ブロックの優勝候補や注目選手、活動が制限されるなかでも準備を進めるチームの仕上がりなどを紹介。全高校プレーヤーが憧れる大舞台で、99代チャンピオンに輝くのは――。サッカージャーナリストの安藤隆人氏に今大会を占ってもらった。

――◆――◆――
 

【Aブロック】
 藤枝明誠、昌平、京都橘を筆頭に実力校がひしめく激戦ブロックとなった。県予選準決勝で前年度王者の静岡学園を3−0で下した藤枝明誠は、県予選MVPのMF賀茂大紀、中山碧、小林洸を軸にした強烈な攻撃力を有する。順当に行けば、3回戦で抜群の決定力を誇るFWア山友太を擁する堅守速攻の米子北、選手層の厚い山梨学院、MF大澤昌也とFWエゼトベチクのホットラインを持つ鹿島学園という実力派と激突する。

 昌平は小川優介(鹿島内定)と柴圭汰(福島内定)のダブルボランチが攻守の要となって、素早い攻守の切り替えから、MF須藤直輝(鹿島内定)とFW小見洋太(新潟内定)らが多彩な攻撃を展開。京都橘は西野太陽(徳島内定)と木原励の2トップをCB金沢一矢、小山凌ら安定感抜群の守備陣が支える。両者は2回戦で激突する可能性があり、実現すれば2回戦最大の好カードとなる。混戦必至の最激戦区に注目だ。

【Bブロック】
 2回戦屈指の好カードである帝京長岡対履正社に注目だ。ベスト4の主軸がごっそりと抜けた帝京長岡だが、攻守の要であるMF川上航立を軸にGK佐藤安悟、CB松村晟怜、MF廣井蘭人と将来有望な下級生が揃う。履正社は平岡大陽(湘南内定)と赤井瞭太のダブルボランチが心臓となって、多彩な攻撃を展開。ハイレベルな一戦となるだろう。

 さらにこのブロックには、CB石田侑資を軸に堅守を誇る市立船橋と、180cmのエースFW笠井佳祐を擁する関東一、ずば抜けた左足を持つMF松井治輝(今治内定)を攻守の軸に据える神戸弘陵。U-16日本代表候補の184センチの大型MF島野怜が鍵を握る前回ベスト8の仙台育英と、上位を十分に狙える実力校が揃っている。日章学園、全国優勝経験がある鵬翔を立て続けに下して初出場を果たした宮崎日大は、櫻田優樹と鬼束卓弥の強力2トップを有し、このブロックをより混沌とさせるかもしれない。



【Cブロック】
 このブロックの本命は、182センチのGK藤井陽登、187センチの新倉礼偉と188センチの島ア勝也のCBコンビと圧倒的な高さと堅守を誇り、決定力抜群のFW多田圭佑で仕留める前回ベスト4の矢板中央。大型FW長野星輝、脅威の突破力を誇る左MF青木俊輔、攻撃の中枢を担うMF上田瑞希と多士済々のアタッカー陣を擁する『赤い彗星』東福岡。だが、この2校がすんなりといくブロックではない。189センチの大型守護神・岩本侑真、187センチのCB三倉頼真を擁する徳島市立が初戦で矢板中央に挑み、2年生エース・立石宗悟を中心に激戦区・神奈川を勝ち抜いた桐蔭学園が東福岡に挑む。

 さらに6大会前の王者・星稜、準優勝経験のある作陽という名門校も3回戦までのブロックにひしめき合っている。逆山にはFW福田師王とMF大迫塁というU-16日本代表の常連であり、Jクラブが早くも争奪戦を繰り広げる1年生コンビを擁する神村学園、知将・大塚一朗監督率いる富山一など実力校がおり、楽しみが尽きないブロックだ。
 
【Dブロック】
 このブロックは前回準優勝の青森山田が大本命となる。高校ナンバーワンCBでU-19日本代表候補のCB藤原優大(浦和内定)、身体能力抜群の左SBタビナス・ポール・ビスマルク(岩手内定)、攻守の要であるMF安斎颯馬と2年生ながら伝統の10番を背負うMF松木玖生を擁し、隙のないチームに仕上がっている。

 この絶対的な存在に対し、2年生ボランチ・鈴木淳之介(湘南内定※2022年より加入)を擁し、テクニカルなサッカーを展開する帝京大可児、3バックの中央に位置するCB井上太聖を軸に激戦区・東京を29年ぶりに勝ち抜いてきた堀越。182センチのターゲットマン・FW河上英瑞を中心に攻め立てる丸岡などが大金星を虎視淡々と狙う。まずは初戦の相手である広島皆実がどこまで王者を追い詰められるかも、『ストップ・ザ・青森山田』の大きなポイントとなりそうだ。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【PHOTO】 高校サッカー選手権を盛り上げる「歴代応援マネージャー」を一挙紹介!

関連記事(外部サイト)