“想定外”で出場した3年生・加藤豪太が決勝ゴール! 山梨学院が3年前のリベンジを果たす【選手権】

“想定外”で出場した3年生・加藤豪太が決勝ゴール! 山梨学院が3年前のリベンジを果たす【選手権】

出場3分で決勝ゴールをマークした加藤。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)



[高校選手権1回戦]山梨学院1-0米子北/12月31日(木)/浦和駒場

 3年前の12月31日、ニッパツ三ツ沢球技場で対戦した2校が、再び相まみえた。当時は2-1で鳥取県代表の米子北が勝ち上がった一戦で、今回は山梨学院がリベンジを果たした。

 決して簡単な試合ではなかった。強い風が吹きつけるピッチで、先にペースを掴んだのは米子北だった。山梨学院の長谷川大監督が「相手は鋭く、早く、実直にボールを追って立ち向かい、ゴールに直結するプレーをするチーム」と評した通り、セカンドボールを拾われ、ショートカウンターを食らい、主導権を握られた。

 だが、その攻撃を受ける山梨学院側も、ゴール前では粘り強い守備を見せ、決定的なフィニッシュにまでは持ち込ませなかった。前半はスコアレスで折り返し、試合が動いたのは後半だった。
 
 長谷川監督にとってひとつめの想定外は、4バックの左CBで先発した一瀬大樹(3年)の疲労だったという。一瀬は躍動する米子北の7番(崎山友太/3年)、11番(中田来輝/3年)によく対処していたが、61分に交代。浦和駒場のピッチは「絡み付くようで密度が濃く、ボールスピードが止まりやすい。足にも負担がかかる」(長谷川監督)。全国の舞台で迎えた初戦での、思いがけないトラブルだった。

 さらに65分、右CBで先発した板倉健太(3年)が接触プレーで頭を強打。ピッチに倒れ込んで交代を余儀なくされる。この「想定外に次ぐ想定外」(長谷川監督)は多少なりともチームに動揺を生んだが、その流れを断ち切ったのが、板倉と交代で出場した3年生CB加藤豪太だった。

 69分、MF新井爽太(3年)が、左サイドのタッチライン際から放り投げたロングスローに、ゴール前の競り合いに勝利した加藤が頭に当ててシュート。クロスバーの下に当たったボールは、跳ね返るようにゴールラインの内側に吸い込まれた。

 加藤にとって「人生初」というファーストタッチでの決勝ゴールを守りきり、試合は1-0で山梨学院が勝利。長谷川監督は「身長が伸びて身体の使い方に苦労していた彼に、『焦れないでやり続けろ』と言い続けてきた。その努力の証だと思う」とスクランブル出場した3年生の努力と健闘を称えた。

 CBふたりの離脱という小さくない困難を乗り越えたことは、チームにとって自信になるはずだ。「全国優勝」を目標に掲げる3年ぶり7回目の高校選手権で、最高のスタートを切った山梨学院は、2回戦では茨城県代表の鹿島学園と対戦する。

構成●熊 介子(サッカーダイジェストWeb編集部)

関連記事(外部サイト)

×