「これは布石だ」「あなたの愛が…」パリSG監督にポチェティーノが正式就任! ファンからはメッシ獲得への期待膨らむ

「これは布石だ」「あなたの愛が…」パリSG監督にポチェティーノが正式就任! ファンからはメッシ獲得への期待膨らむ

プレミアリーグで声価を高めたポチェティーノが現役時代にプレーした古巣に舞い戻った。 (C) Getty Images



 現地時間1月2日、リーグ・アン王者のパリ・サンジェルマンは、新監督としてアルゼンチン人のマウリシオ・ポチェティーノを招聘したと発表した。契約は2022年6月までで、1年の延長オプションが付帯されていることも明らかになった。

 昨年12月29日に「色んなことの積み重ね」という曖昧な理由で、2018年の夏から着実にチーム強化を図ってきたドイツ人監督トーマス・トゥヘルを更迭したパリSGは、かねてから水面下でクラブOBでもあるポチェティーノとの交渉を重ねていたとされている。

 2013年1月から約2年間に渡って率いたサウサンプトンで声価を高めたアルゼンチン人指揮官は、2014年5月から指揮したトッテナム・ホットスパーではクラブ史上初のチャンピオンズ・リーグ決勝に導くなど、確固たる評価を獲得。2019年11月に成績不振を理由にノースロンドンでの職を追われたものの、新天地を巡る動向が注目されていた。

 今シーズンは、3連覇中のリーグ・アンで1ポイント差ながら首位リヨンに後れを取っている絶対王者にとって、優れたモチベーターとしての一面も持つポチェティーノは後半戦の巻き返しに向けて最適な人材と言えるだろう。

 また、今シーズン終了後にバルセロナ退団が囁かれるリオネル・メッシ獲得のキーマンとも目されている同胞監督の就任だけに、早くもファンの期待感も膨らんでいる。パリSGの公式ツイッターには、次のようなコメントが相次いだ。
 
「メッシ獲得も目前としてほしい」
「パリであなたがいかに優れているかを証明してくれ」
「タイトルを獲ってヘイターたちを黙らせろ」
「おかえり!キャプテン!」
「あなたの知識と愛情が、気の抜けた試合に魂を入れることだろう」
「タイトル奪取とメッシ獲得への布石だ」
「これ以上ない補強」
「期待しかない。よくぞ呼んでくれた」

 目の肥えたファンからも賛辞と期待が寄せられたポチェティーノは、公式サイトで「世界でも最高の選手たちと素晴らしい可能性がある。全ての大会で最善を尽くす」と意気込んだ。そのキャリアでタイトル獲得経験はないが、フランスの絶対王者でいかなる辣腕を振るうだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)