「落胆している」土壇場失点&メッシ退場で敗れたクーマン監督は悲嘆。ビルバオには苦言「何度ファウルされたか…」

「落胆している」土壇場失点&メッシ退場で敗れたクーマン監督は悲嘆。ビルバオには苦言「何度ファウルされたか…」

メッシの退場をクーマン監督(右)は擁護した。 (C) Getty Images



 ロナルド・クーマン体制初のトロフィーまで、あと一歩だった。だが、優勝目前で追いつかれ、延長戦で逆転を許し、最後は絶対的エースがキャリア初の一発退場でピッチを後にすることになった。

 1月17日に行なわれたスペインのスーペル・コパ決勝、バルセロナはアントワーヌ・グリエーズマンの2ゴールで2度にわたってリードしながら逆転負けを喫した。1点リードの後半90分にセットプレーから失点。土壇場で延長戦に持ち込まれると、イニャキ・ウィリアムスに決勝点を許している。

 さらに、バルサは終了間際の120分、リオネル・メッシがアシエル・ビジャリブレに対する暴力行為で一発退場に。メッシはバルセロナのトップチーム通算753試合目にして初めてのレッドカードとなった。

 米スポーツチャンネル『ESPN』によると、メッシは最大4試合の出場停止を科される可能性がある。処分はコパ・デル・レイとラ・リーガにも適用され、1月の残り試合には出られないかもしれない。

【動画】衝撃の一発レッド!メッシの信じ難い蛮行はこちら
 ESPNによれば、クーマンは試合後に「メッシがやったことは理解できる」とエースを擁護している。

「彼が何度ファウルされたか分からない。ファウルを続けようとするなら反応するのは普通のことだ。だが、ちゃんと見直す必要がある」

 一方で、クーマンは「悲しいし、落胆している。だが、正しい道にあり、われわれは良くなっているところだと考えている」と強調した。

「守備を改善しなければならない。だが、わたしはすべてを出している。(負けたからと)最悪の監督なわけではないし、勝ったときも最高なわけじゃない。だが、受け止めるのが大変な敗北だ」

 メッシの去就騒動にクラブ上層部の退陣など、激動のシーズンを過ごしているバルサは、今シーズン終了後にタイトルを手にし、この悔しさを払しょくすることができるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

関連記事(外部サイト)